菅田将暉『3年A組』マンネリ展開に「じれったい」の声が続出

菅田将暉 

(C)まいじつ

2月17日にドラマ『3年A組』(日本テレビ系)の第7話が放送された。この日も教師役を演じる菅田将暉が生徒の協力を得ながら「生徒の死」の真相を探る展開。田辺誠一演じる教師を追い詰め、警察に突き出す展開となった。視聴者からは「スッキリした」との声も聞かれるが、「そろそろマンネリ化してきた」と離脱を示唆する声も上がっている。

同ドラマは柊(菅田将暉)が自クラスの生徒を人質に立てこもり、生徒に課題を与えながら景山(上白石萌歌)の死の真相に迫るストーリー。第6話終盤、柊は武智(田辺)に「宣戦布告」。第7話では景山の死に武智が関連していることを暴いていった。

話のラストで武智は警察に連行された。主要人物である武智の「悪」が暴かれ「完全勝利だ」などと生徒たちは安どしたが、宇佐美(川栄李奈)や茅野(永野芽郁)ら生徒たちは「なんで私たちを解放してくれないの?」と首をかしげる。学級委員の茅野は「まだ…続きがある」と推測。柊がひとり、「さあ、これからが本番だ」とつぶやくシーンで第7話は終了した。

 

終わる気配が見えない展開に「映画だったら面白いのに」

教師でいながらテレビに頻繁に出演し、写真集も発売するなど「売れっ子」の武智はドラマの中でもひときわ目立つ存在。武智が捕まったものの、まだドラマが終幕を迎えないことに視聴者は首をかしげている。

ドラマ後、今後さらに登場する「犯人」が誰か想像してツイッターに投稿するなどこの日のツイッターは大いにわいたが、一方で

《これ2時間の映画にしたら緊迫感があって面白いのになと思った》
《3年A組、毎回が最終回みたい》
《毎週誰かが離脱し、一人一人が改心して新たな謎が追加される、の繰り返し。マンネリ化してきた》
《倍速くらいで観たいくらい、内容がじれったい》

といった声も。ドラマの「マンネリ化」を懸念していた。

残り数話だが、最終回まで視聴者の支持を失わず、無事に走り抜けられるだろうか。

 

【あわせて読みたい】