加藤綾子『フジ新ニュース番組』受諾の条件に露骨な「さんまNG」

加藤綾子 

(C)まいじつ

“カトパン”こと加藤綾子のフジテレビ新夕方ニュース番組(タイトル未定)の詳細が一向に伝わってこない。加藤本人が「本当にうれしい」とコメントを出しているにもかかわらず、なぜ内容が分からないのか。

「現在、平日月曜から金曜日の午後4時50分から7時に放送されている『プライムニュース イブニング』をリニューアルし、カトパンの番組にする予定です。ただ、相方の男性アナは誰かなど、細かいことは分かりません。毎日なのか、週に何日かなのかも分からないのです」(テレビ誌ライター)

一部の週刊誌サイトには、加藤がスタッフを指名し、それが原因でモメているとの記事も掲載されているが…。

「それはないでしょう。彼女は元フジテレビ社員。勝手知ったる、ですから、局の用意したスタッフに多少の異論はあるかもしれませんが、あのホニャホニャとした性格で、そんなに長引くとも思えない。もっと、彼女の心に引っ掛かるものがあるのだと思います」(芸能記者)

それはやはり、現在、同局の『ホンマでっか!?TV』で共演している明石家さんまとの問題だという。さんまが加藤にベタぼれなのは、芸能界内外で有名だ。

「加藤は昨年9月、さんまの交際申し込みに対し、『お断わりします』と告げ、『ホンマでっか――』降板の気持ちも明かした。でも、さんまは諦めない。『番組は続けたい』の一点張りなのです」(フジテレビ関係者)

 

詳細が伝わらないわけは…

加藤はフリーのタレントだ。さんまとの共演も断れば問題はないはず。しかし、そこに介入してきたのがフジテレビ上層部だという。

「局は、さんまの番組を続け、なおかつ夕方ニュースにも出てほしいと懇願している。さんまは自分のギャラを下げてもカトパンが一緒ならいいとまで申し出ている。これに関して、カトパンは全く意に介せず。あくまで『ホンマでっか――』降板の方向のようです」(同・関係者)

フジテレビもさんまには困り果てているという。

「局としては、何とかさんまを立てたい。しかし、カトパンも強硬。さんまと共演ならば、夕方ニュース月~金のうち1日を共演番組に充て、その代わりニュースギャラは5日分と同じ額を希望と強気。詳細が伝わらないのは、決着に時間がかかっているからでしょう」(同)

今後、どんな展開になるのか。興味津々だ。

 

【あわせて読みたい】