海外セレブとの2ショットを自慢する“ファッションリーダー”Kōki,

工藤静香 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が2月13日、自身のインスタグラムを更新。ハリウッド女優のクロエ・グレース・モレッツら海外セレブとの2ショット写真を公開し、話題になっている。

Kōki,は、ファッションブランド『COACH』のファッションショーを訪れ、海外セレブと顔を合わせたようで、クロエ以外にも俳優のマイケル・Bジョーダンやモデルのジョーン・スモールズらと“ドヤ顔”で写真に収まっている。

一部のファッションメディアからは、“圧倒的オーラ”などと相変わらずのヨイショぶりが見られるが、ネット上では《もういいかげん飽きた》《今度は有名人との2ショットか。ピース綾部と変わらんな》《海外セレブのオーラを利用してるだけだろ》など、手厳しい意見が広がっている。

 

9頭身アピールを続けるKōki,

「相変わらず中身が伴わないまま、イメージアップに必死という印象ですね。本人がショーに出場しているわけでもなく、ただショーを観覧しにいっただけで、あたかも海外セレブと知り合いという印象操作でしょう。『ブルガリ』や『シャネル』のアンバサダーに就任しているので、2ショットを撮ること自体は難しいことではありません。有名人のハッシュタグを付けることで、画像が拡散することをあてにしているのでしょうが、海外ではただのファンくらいにしか思われていないんじゃないでしょうか」(芸能記者)

続けて投稿した写真では、今や定番ともいわれる下からの“煽り”ショットをまたもや披露。ロングブーツで脚をスラリと見せ、9頭身アピールに余念がないが、遠近法を用いた“からくり”はすでに暴露済み。ネット上では乾いた笑いが起きている。

「とにかく今は、何を置いても印象を良くしたい。この傾向はしばらく続くでしょう。1人のときは全身写真ですが、セレブとの2ショットでは全身を写さないのも、リアルな身長がバレないための配慮でしょう。コアなファン以外はウンザリしているんじゃないですか」(同・記者)

Kōki,が次に何を見せてくれるのか。アンチからは「逆に楽しみ」と皮肉な声も広がっている。

 

【あわせて読みたい】