明石家さんま『公開イジメ』番組に「老害がひど過ぎる!」の声も

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

2月19日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)での明石家さんまの態度に、ネット上で非難が集中している。

この日の番組サブタイトルは、『食に異常にこだわる有名人が大集合SP』。こだわるゲストに加え、こだわらないゲストも集まり、それぞれの持論を語り合っていった。

番組冒頭、今回が初出演となる大相撲の新入幕力士・照強(てるつよし)に触れたさんまは、「先輩が十両やったら君が偉そうに言えんのやろ?」と質問。すると、照強は「逆に、今まで『うっとうしいな』って思ってたことが〝ありがたみ〟に感じるときがあるんですよね」と謙虚に答え、ゲスト一同はうなずいて関心する様子を見せた。

しかし、さんまは食い気味に「えっ、何が?」と割って入り、「ええ話なんていらん言うたやろ!」とチャカすようにコメント。『よゐこ』の濱口優から「ええ話に『何が?』はヤバいですよ」「人格疑われますよホンマ」とのツッコミを受けたが、直後も照強に同じ話をさせ、「何が?」と尋ねる〝天丼〟のボケを見せた。

 

他人に厳しいMCさばきに視聴者反発

その後もさんまは、「水もおしぼりも出さず20分も待たされた店にイラッとした」との体験を語った照強に、「店の都合もあるやろが」「(店員は)お前のことが嫌いやねん!」と手厳しいコメントを連発。

また、「お米の〝白〟が見えなくなるくらい海苔やふりかけをかける」「どんな具の味噌汁にも大量のワカメを入れて、一瞬『何の味噌汁だっけ?』と思わせたい」とのこだわりを語る滝沢カレンには、「いや~これはもう論外やな」「ほな何で最初からワカメだけにせぇへんの?」とコメントし、自身と異なる価値観は受け入れようとしない姿勢を見せ続けた。

いつにも増してやたらと厳しい振る舞いは視聴者の反発を招き、ネット上には、

《私情か知らんが特定のゲストに厳し過ぎるだろ》
《さんま、照強いじめ過ぎ》
《さんまって照強のこと嫌いなんかな? 今日はえらい否定的よね》
《照強への当たりが異様に強い。なんか前職のクソ上司みたいで萎える。さんま少し嫌いになったわ》

などといったイジメを指摘する声が続出。また、

《今の時代こういうジジイは老害扱いされる》
《さんまどうしたん? 今日は老害ひど過ぎない?》
《さんまは時代についていけてない。視聴者が不快に思ったり引いてしまう言動が多々見られる》
《さんまも潮時か。ありがとうお疲れ様》

など、さんまが〝老害化〟したとの感想も数多く上がっていた。

この日のさんまは、何かプライベートであったのだろうか。例えば〝狙っていた女〟に完全にソデにされたとか…。

 

【あわせて読みたい】