「バカにするな!」林修『初耳学』盛大な“予告詐欺”に怒りの声

(C)Anetlanda / Shutterstock

2月24日、『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)が番組内の長期企画「アンミカ先生のパリコレ学」を放送。事前に〝ファイナル〟と題しながら結果が次回持ち越しとなったことで「予告詐欺だ!」と視聴者の不満がくすぶっている。

昨年10月にスタートした同企画は、モデルのアンミカが世界最大のファッションイベント『パリ・コレクション』出場を目指す女性をプロデュースするというもの。メークや歩き方、洋服選びなど細部に至るまでが厳しく評価され、アンミカのスパルタ指導に号泣する参加者も続出する密着ドキュメンタリーだ。

この日放送されたのはパリコレ学の「卒業式」。参加者9名に対し花束が8つ用意され、残った1名だけがアンミカ推薦のもとパリコレ挑戦権を獲得することになった。

番組はコーナー中にも〝ファイナル〟とのテロップを表示し、神妙なアオリでしっかりと感動を演出。参加者が次々と卒業を告げられていく中、ついに発表は残り4人まで絞られた。

 

事前情報と違う〝予告詐欺〟にモヤモヤ…

しかし、番組はここで「次週、パリコレ挑戦者決定!」とのナレーションとテロップを流し、真の最終結果は次週へ持ち越されることに。アンミカが「あなたをパリ・コレクションの参加者に推薦します!」と発言する場面が映されると映像はスタジオに移り、出演者がVTRの感想を述べていった。

この〝予告詐欺〟とも言える引き延ばし演出に対し、ネット上では、

《パリコレ学やっぱり引き延ばしかよ》
《どんだけ引っ張るんだよ》
《まさかの次週かよwww》
《これ今週全部発表してたら潔かったのに》
《視聴者を小ばかにした引っ張りって昭和クサくてげんなり》
《結局何カ月引っ張った?》

などといった感想が噴出。事前に決着をあおっていただけに、視聴者のモヤモヤが残ることとなった。

各メディアでも「今夜ついに決定!」などと予告されていた同放送。「決定はしたが発表するとは言ってない」と開き直っている姿が目に浮かぶ。