「目頭怖い」「中身が…」元『NMB48』渡辺美優紀に整形疑惑が浮上!

元『NMB48』の〝みるきー〟こと渡辺美優紀が、4月3日にファーストソロアルバム『17%』を発売する。2月22日には新ビジュアル、ジャケット写真、収録内容が一挙公開されたのだが、渡辺の変わり様に驚く声が続出している。

『NMB48』在籍時、絶対的エースの山本彩と人気を二分し、グループを支えていた渡辺。しかし人気絶頂の中、2016年にグループを卒業し、それから丸2年にわたり芸能活動を休止していた。

「これは、前事務所との契約問題だとウワサされています。事務所を移籍する際には、2年間芸能活動を休止しなければならないという〝奴隷契約〟があったそうです。ほとんどのメンバーはこの契約のせいで動けませんが、渡辺は勇気を振り絞って移籍。2年経過した直後からライブツアーを開催し、ファンを呼び戻しています」(アイドルライター)

 

再始動中のみるきーに整形疑惑!?

そんな渡辺がこのたびファーストソロアルバムを発売することになったのだが、問題はそのジャケット写真。今までの渡辺を知るファンからは、

《目頭やばくない!?》
《こんな顔だっけ?》
《目頭やり過ぎ、やる必要あった? 中身が見えちゃってる》
《目頭怖いね、前のままで十分かわいかったろうに》

など、整形疑惑が上がることに。特に目頭切開が疑われている。

「日本人としては珍しく目頭が深く切り込んだ目の形をしていますが、もともと渡辺の目はこんな形状ではありました。整形かどうかはグレーかと。しかし、確かにAKBグループには、目頭切開を疑われる人は多数います。渡辺は2年間自由に過ごせる期間があっただけに、少々メンテナンスを施していても不思議ではありませんね」(同・ライター)

今回のアルバム発売を記念したライブツアーも控えている渡辺。顔の印象とともに、ファンの心も変わらないといいが…。

 

【あわせて読みたい】