「おばあちゃんと同じ!」工藤静香がシワシワの手を披露しネット騒然

工藤静香

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の工藤静香が2月19日に自身のインスタグラムを更新したが、思わぬところに注目が集まっている。

この日の投稿では「20周年を迎えるB.zero1 私のセルペンティはもっと長い時間を刻んでいる ビタミンカラーで皆さんに元気#iconoficons #20yearsBzero1 #bzero1 #bvlgari」とコメントを添えて、愛用のブルガリの時計と指輪を着けた自身の手を公開。

ファンからは「素敵な時計と指輪ですね!」「若いときにはない人生の年輪を感じますが、それでこそジュエリーが映えるステキな写真」「家族に愛情注いでいる暖かい手ですね」「しーちゃんの年齢を重ねた手、隠すことなくありのままの姿のしーちゃんを見せてくれてありがとぅ」など称賛の声が続出。シワが若干目立つ工藤の手だが、それをありのままに公開したことを称えている。

一方で匿名掲示板には、

《私のおばあちゃんと同じ手!》
《ものすごく状態の良いミイラみたい》
《変な料理ばっか作ってるから手が荒れまくるのか》

など、心ない声ばかり。また、

《指輪の撮り方よ笑》
《叶姉妹みたいなキレイな撮り方できないのかな?》
《しーちゃんのセンスだとどうしても魔女になるね》

など、写真撮影のセンスをダメ出しする声も相次いでいる。

 

シワを自覚している工藤だが…

「工藤といえば、1月19日に『私の目尻のシワくらいになった古い林檎笑笑。おいしくいただこう』という自虐的なコメントと一緒にリンゴを片手に微笑んでいる写真を投稿しています。シワが多いことを自覚しているようで、それを隠そうともしていません。昨今『美魔女』がよく話題になりますが、年齢を隠さない工藤の方向性は、本来ネット上で称賛される行為のはず。ここまで批判コメントばかり出るのは、もともとの好感度の低さが凄まじいからでしょう」(女性誌記者)

もちろん工藤には、たたかれている現状に同情の声も出ていない。ここまでの嫌われ者はなかなかいないだろう。

 

【あわせて読みたい】