長瀬智也が神対応!『鉄腕DASH』ひふみんとの共演に「本当に紳士」

長瀬智也 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月24日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)での長瀬智也の行動が、視聴者から称賛を浴びている。

この日の番組では人気企画『0円食堂』が放送され、ゲストには将棋棋士の「ひふみん」こと加藤一二三が参戦。横須賀市の直売所で農家や食品加工工場の情報をメモした後、長瀬・加藤チームと国分太一の二手に分かれて食材を探すことになった。

すると長瀬は将棋好きでなおかつ「ひふみんファン」だと明かし、今回の共演を待ち望んでいたと移動中にうれしそうな様子を浮かべる。加工工場に到着すると、加藤が車のステップを降りるまでドア付近で待ち続けた他、ポケットからハミ出た加藤のメモ帳を「落ちそう。大丈夫ですか?」と自身が預かる気配りも見せた。

その後、一行はゲットした食材を持ち寄って地元の公民館で調理を開始。すると、長瀬は79歳にして調理初体験という加藤に配慮し、ここでも優しさを発揮していく。

 

『いい介護士って感じだな』

細かく切った里芋やしらたきを米に見立て、油揚げに詰める「おいなりさん風」を作っていた長瀬は、料理初心者でもできそうな〝詰める〟作業を加藤に依頼。すると、具材を入れやすいように油揚げの口を広げるサポートをし、加藤を立てる姿勢を終始崩さなかった。

視聴者からは、

《長瀬がひふみんに終始優しい》
《本当にファンなんだな》
《車から降りるところ本当に紳士だった》
《いい介護士って感じだな》
《年配の方をそれとなく立てられるなんて…》
《行動が無意識っぽくて好感持てる》

などといった感想が続出。また、完成した料理が加藤でも食べやすいように作られていたことも、ネット上で称賛を呼んでいた。

放送終了後、加藤は自身のツイッターに、

《TOKIO国分太一さん長瀬智也さんのお人柄の素晴らしさ、番組スタッフさんの細やかなお心遣い、豊富な食材を分けていただいた農家、漁業の皆々さまには心より感謝申し上げます》

と感激した様子を投稿。高齢にはキツいロケと思いきや、かなり楽しんで参加できたようだ。

 

【あわせて読みたい】