「大島優子に似てる」“ナックル姫”吉田えり投手がかわいくなり過ぎ!

(C)Yayimages / PIXTA(ピクスタ)

男性と同じ舞台でプレーする日本初の女子プロ野球選手として脚光を浴びた〝ナックル姫〟こと吉田えり投手。2月22日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系)が彼女の近況を報じ、ネット上で「かわいくなった」と話題を集めている。

吉田は高校2年生だった2008年に関西独立リーグのトライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で指名を受け『神戸9クルーズ』に入団。日本球界ではほとんど使用されない変化球「ナックル」を武器とすることから〝ナックル姫〟との異名を誇り、野球の本場・アメリカのリーグでプレーした経験も持っている。

しかし、男性選手に交ざっての活躍は困難だったようで、成績不振やケガの影響から17年に現役を引退。同年、栃木県の会社に新設された女子野球部の選手兼任監督となり、翌18年に独立リーグ時代のチームメイトと結婚した。

 

面影を残しながらも大人びた顔立ちが大好評

番組は現在の吉田を直撃し、栃木県小山市で本人と待ち合わせをすることに。すると、話題を集めたころより髪を伸ばし、きれいなメークも施した〝オトナの女性〟と化した吉田が登場した。

当時の面影を残しながらも大人びた吉田の姿は、番組でも「姫らしいかわいさは健在!」と評され好評を得ることに。ネット上にも、

《めちゃめちゃかわいいくなったな》
《職場にいる美人妻って感じがする》
《めっちゃ女の顔になってるwww》
《大島優子に似てる》
《JK時代より今の方が好き》
《ちゃんとルックスは保ってたんだな》

など、時とともに成長した容姿を称える声が上がった。

野球界といえば、昨年にプロ野球の年間観客動員数が過去最多を更新し、日本女子プロ野球リーグは「美人過ぎる野球選手」を決定する『美女9総選挙』を開催するなど、何かと盛り上がりを見せているさなか。この波に乗って、第二・第三の吉田が出てくることに期待したい。

 

【あわせて読みたい】