西内まりやの顔「GENKINGそっくり!」に再び変化で驚きの声

西内まりや 

(C)まいじつ 

モデルで女優の西内まりやが、ネット上でまたまた「顔が変わった」との指摘を受けている。

西内の芸能界デビューは、ローティーン向けファッション雑誌 『ニコラ』の専属モデル。その後も『Seventeen』専属モデルで同性からの支持を集め、歌手・タレント・女優など幅広いジャンルで活躍していった。

順調に〝芸能〟の幅を広げていた西内だったが、主演ドラマや映画の不調が続くと徐々にジリ貧に。すると、2017年には当時の所属事務所社長に〝ビンタ〟を浴びせたなどのトラブルが報じられ、翌年3月の事務所退所以降は表舞台から姿を消していた。

その一方、西内はインスタグラムのアカウントを更新し、自撮りやオフショットなどで自身の近況を公開。現在はフリーで活動しているためか、派手なメークや髪色で自己表現を強める様子が確認できる。

 

フリーとなってからの〝自己表現〟が…

しかし、こうした自己表現はかなり主張が強く、もはや往年の面影はほとんど薄れてしまった状態に。特に今年以降に投稿した画像はメークやカラーコンタクトの影響もあってか、別人と言えるレベルにまで変貌してしまっている。

2月20日には《かわいいー!》というコメントとともに、ヘビ皮を模した厚手のダウンジャケットを着用した画像を投稿。〝いいね!〟はたちまち2万5千件を突破しているが、同画像の西内はまたも別人のオーラを全開にしていた。

View this post on Instagram

可愛いー!🤩 옷 정말 이뻐요!

A post shared by 西内まりや Mariya Nishiuchi (@mariya_nishiuchi_official) on

この1枚はネット上でも話題となり、

《原型なくない?》
《GENKINGそっくりwww》
《言われても分からない別人レベル》
《好きだったのになあ。何でこんなになっちゃったんだろう》
《割と最近までまだ昔の面影が残っていたのに…》
《顔いじり過ぎててクッソワロタw》
《なぜゲンキングに寄せていくんだ?》

などといった声が続出。第一線から退いていることも影響してか、久しぶりに見た人を驚かせてしまったようだ。

現在の西内は、「弱り目にたたり目」状態!?

 

【あわせて読みたい】