「子どもが欲しい」志村けんの現役バリバリ恋愛観にドン引き

志村けん 

(C)まいじつ

2月23日に放送された『人生最高レストラン』(TBS系)に、お笑いの重鎮、志村けんが出演。70歳を目前にした今でも結婚願望があることを明かしたが、ネット上では志村を批判する声が上がっている。

番組冒頭、志村が「結婚したい気はずーっとある」と発言すると、司会の『チュートリアル』徳井義実は「結婚に興味なくて『一生自由に生きていくんだ』って考えなのかなって思ってたんですよ」と驚く。志村は徳井のイメージとは対照的で、「19~20くらいのときからずーっと同棲、同棲、同棲ですから」と、真剣な交際も重ねていたことを明かした。

さらに、志村は「3年ごとに変わる同棲」と期限を設けてさまざまな女性と生活していたことも告白。ルール化するにはあまりに奇妙な習慣に、徳井も思わず「契約更新みたいな…何ですかそれは(笑)」と優しくツッコんでいった。

 

強い結婚願望を明かすも手厳しい声…

その後も、「基本的に結婚しようと思って付き合う」「相手の親のとこに挨拶も行ったり…」など、過去には具体的な話もあった様子をにじませた志村。今や高齢者に分類される年齢に達しているが、「僕が一番欲しいのは子どもで」「子どもがいないと僕がいた存在が消えちゃうじゃないですか」と、家庭を築くことへの強い憧れも口にした。

しかし、志村といえば芸風にも表れているように〝女好き〟とのイメージが強い存在。また〝3年ごと〟とのエピソードが「1人の女性を大切にしていない」といった批判を招いてしまい、ネット上には、

《じゃあ3年で別れなきゃいいのに》
《結婚したかったしすると信じてた女性は何人もいたでしょ》
《本当に結婚願望あるの? 女好きだから3年で取っ替え引っ替えしてるんじゃなくて?》
《こんなお爺ちゃんが父親なんて子どもがかわいそうだから、子づくりはやめた方が…》
《子ども欲しいなら妥協してでももっと早くに決断しないと》

などといった声が上がった。

「志村は2002年に出版した自著内で、過去に同棲していた女性に浮気がバレ、慰謝料として財産の半分を持っていかれたと暴露。当時の彼女と弁護士から『3年以上同棲していると内縁関係になる』と告げられたそうで、『オレの血と汗で築いた財産の半分をごっそり持っていかれてしまった』と強い後悔を書き残していました。彼が〝3年ルール〟を課すようになったのはこれが原因であることは、まず間違いないでしょう」(芸能ライター)

いしのようこや優香など、これまでに複数のタレントと〝結婚説〟が囁かれてきた志村。願望とは裏腹に行き遅れてしまったのは、3年で捨てられた女性の怨念なのだろうか。

 

【あわせて読みたい】