松本人志の「酒井法子批判」はフラれた過去の逆恨み

「すでに猶予期間も過ぎており、いまは罪を償い終えて復職している。それを、松本が『しゃべれ』、『義務がある』と言うのは言い過ぎです。逆に、松本が暴言で謝罪することになるかもしれません」(同)

この件に関して、ジャーナリストの江川紹子氏もツイッターで《義務なんかないよ!会見主催した化粧品会社だって、自分たちのロゴの前でそんな話題を語ってもらいたくないだろうし》と酒井を擁護している。松本の発言は的外れととられているのだ。

「一部では、過去に松本が人気アイドルだった酒井に言い寄ったものの、『口うるさいお笑い』と、全く相手にされなかったことがあると言われています。そのことにに対する私怨で、いまでも酒井に絡むことがあるらしいのです」(テレビ雑誌編集者)

松本は、ベッキーなどの自身と関係がないタレントの醜聞には手厳しく、個人攻撃だと言われることが多い。

「松本自身も、いまはかつてのような人気がなく、自身もそれを理解している。そこで、人を上から目線で見ることで、自分を大物に見せたいのでしょう。そういうところが和田アキ子に似てきています」(同)

松本も和田も周囲に諫言する人間はいないのだろうか。