“ヤバい芸能人”が大集合!?『サントリー天然水』CMのSP動画の評判が…

有安杏果 

(C)まいじつ

2月26日より、『サントリー天然水スパークリングレモン』の宣伝として、YouTubeでスペシャルドキュメンタリー映像が公開されている。ところが、出演する有名人たちが「そろいもそろって嫌われ者という悲劇的なキャスティングだ」などとネット上でざわつかれている。

昨年4月公開の第1弾に続く今回の映像には、後藤真希、有安杏果(ex.ももいろクローバーZ)、kemio、『ピース』の綾部祐二、元アナウンサーのアロマセラピスト・大橋マキが出演。アイドルを辞めた後藤と有安、芸人を休業して〝スター〟を目指す綾部など、世間的には〝道を外れた有名人〟を取り上げ、彼ら彼女らを〝自分らしく輝く人〟と紹介している。

これには、出演者のコアなファンから、

《kemioくんの言葉に涙ぐんだ》
《自分に芯がある有安さんとその作品がすごい好きだ》
《一時停止しながら何度か見てしまった》
《この時代ならではのクリエイティブの形》

など感激の声が上がっているが、どうやら一般からの支持は集まりそうにない。

 

人生路頭に迷ってる人集

「有安は『交際中の48歳の精神科医に洗脳されている』などというキナ臭い話が飛び交っているさなかですからね。おそらく企画の段階では、芸能活動を休止していた有安が目玉になる動画だったと思います。しかしこのたびのスキャンダルで一気に台無し。有安が出ているだけでマイナスイメージになるほどです」(芸能記者)

他にも、ぶっちゃけキャラや整形疑惑で、すっかり女性の敵になりつつある後藤。ビッグマウスだけで中身が伴わない綾部など、明らかにネット民と相性が悪い。

そのネット上では、

《出演者が酷いからこの商品は買わない》
《人生路頭に迷ってる人集》
《単なるわがまま集団のCMだよね! 何の共感もないよ!》
《なにこの嘘っぽい人たち(笑)》

などなど、散々な評判だ。

今回のスペシャル動画を皮切りとして、出演者1人1人、それぞれの考えや生き方を描いた5本のドキュメンタリーフィルムが3月中旬から順次公開予定だという。果たしてどれほどPR効果のある企画になるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】