ジャニーズアイドルたちが買うブランド品の値段「やっぱスゴい!」

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

端麗な容姿やきらびやかな衣装でスポットライトを浴び、芸能界でも〝花形〟というべきポジションにいるジャニーズアイドルたち。日頃の服装も華やかなイメージが強いが、事実、私生活ではかなりお高いアイテムを身に着けているようだ。

ジャニーズのファッションリーダーとしてよく名前が挙がるのは、『ベストジーニスト賞』殿堂入りを誇る木村拓哉や『KAT-TUN』亀梨和也だろう。他にも『Kis-My-Ft2』藤ヶ谷太輔や既に退所した草彅剛も殿堂入りのメンバーだが、彼らは共通して『ルシアンペラフィネ』というブランドを愛用している。

同ブランドは幅広いアイテムを展開しているが、中でも有名なのはカシミア100%の高級セーター。ブランドの代名詞ともいえる大きなドクロマークが特徴的で、価格は1着で40万前後もする目玉が飛び出そうなシロモノだ。亀梨は特に愛用してやまないようで、舞台のオフショットやファンクラブ会報でも着用している姿が確認できる。

 

若手ジャニーズも高級ブランド着用

上記の顔ぶれに比べてまだつつましいイメージの若手も、早速、派手なファッションに身を包んでいる。

昨年デビューしたばかりの〝キンプリ〟こと『King&Pricne』はその筆頭。永瀬廉は『ルイ・ヴィトン』と『Supreme』のコラボスエットやスマホカバーを愛用していることが雑誌等で確認されているが、この2点だけでも定価は15万円を越える。平野に至っては70万円する『サンローランパリ』のライダースジャケットを着用していることがパパラッチ画像で明らかになっている。2人ともデビューしたての20代前半なのだから恐ろしい。

「キスマイ」玉森裕太や『Sexy Zone』中島健人は、ラジオ番組のオフショットにて、10万円を軽くオーバーする『クリスチャン・ルブタン』のスニーカーを履く姿が確認されている。また、『嵐』の松本潤も同ブランドのiPadカバーを愛用しており、こちらも定価は10万円越えと本体以上の値段だ。

View this post on Instagram

Hello, yellow! #LouboutinHomme

A post shared by Christian Louboutin (@louboutinworld) on

あまり公にはしないものの、ルックスよろしくファッションまで〝イケてる〟ことがうかがえるジャニーズアイドルたち。日頃からいいモノを身に着けなければ、パフォーマンスでもキラキラ感を出せないということなのだろうか。

 

【あわせて読みたい】