バカな女ばっかり…『まんぷく』のイライラ展開に怒り心頭!

安藤サクラ 

(C)まいじつ

従来の朝ドラといえば、ヒロインが活躍する女性主軸の物語だ。しかし、現在放送中の『まんぷく』では、女性が足を引っ張ってばかり。視聴者からは「腹たつわー 女がバカな役回りじゃん」と批判が続出している。

「女性の扱いが悪くなり始めたのは、終盤であるここ最近。序盤から中盤にかけては、働く男性キャラをサポートする女神のような存在でしたが、いつの間にか愚痴を言うだけに…」(テレビ誌記者)

もともと口うるさい女性キャラとして、今井鈴(松坂慶子)がいた。彼女は何かと文句を言う典型的な姑キャラだが、一周回ってマスコットキャラのような存在としての立場を確立。鈴のウザさは、ネタとして多くの視聴者に受け入れられている。

「問題なのは、ヒロインの福子(安藤サクラ)、姉の克子(松下奈緒)、克子の娘・タカ(岸井ゆきの)です。タカは子供が生まれてから性格が豹変。仕事で忙しい夫の茂(瀬戸康史)に構ってもらえないとスネてしまい、終始、茂の足を引っ張っていました」(同・記者)

説明しておくと、茂は本当に仕事に打ち込んでいるだけ。浮気をしているわけでもなければ、飲み歩いてもいない。タカに対しても極めて優しく振る舞っている。

「タカのわがままぶりに、視聴者はイライラを募らせていましたが、その矢先、なんと克子が茂を叱りつけたのです。ネット上では、『え、タカの味方するの?』『これで怒られるのは茂さんがかわいそうでしかない』『タカを諭す展開になると思ったのだが…』と動揺の声が続出。タカと克子は嫌われキャラに変貌しました」(同)

 

イライラするヒロイン・福子

そして福子。序盤は明るいキャラで人気を博したが、最近は「イライラする」という声が多い。

「物語を通して、福子は夫で発明家の萬平(長谷川博己)を応援するだけ。結局彼女は、ただの〝萬平信者〟でした。一方で、苦労の末に開発した即席ラーメンがパクられ、怒る萬平を見ると嫌な顔を浮かべたことも。彼女は〝萬平信者〟であると同時に、〝私の理想の萬平さん〟じゃなければ納得しない性格だったのです。萬平の苦労を間近で見ているのに、どうして発明品をパクられて怒る萬平に理解を示さないのでしょうか…」(同)

福子は、即席ラーメンの粗悪コピー商品が世間に出回っていることに対して、「(大元を開発した)萬平さんに責任がある」とまで言い出した。苦労して開発した商品がやっと世間に認められ、もうけに走ろうとカジを切った萬平には、「今の萬平さんは嫌い」と突き放している。

女性へのヘイトを生み出し続けている『まんぷく』。残り1カ月だが、挽回するストーリーはあるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】