中居正広『外国人店員』をバカにして大炎上「そんなに面白いか?」

中居正広

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

中居正広が、ついに本音で語った。中居は2月27日深夜、MC番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。この番組で共演している陣内智則が「タッキーと不仲なんですか?」と、いま騒がれている疑惑に直撃質問した。

『ジャニーズアイランド』滝沢秀明社長との関係について深く切り込んだのだが、事前打ち合わせがあったのか、中居は落ち着いた表情で「(ウワサが)何で出ているか分からない。何で!?」と逆質問。続けて、「…俺も知らなくて。滝沢くんに番組出てもらったときに、本番前にスタッフが〝仲が悪いってウワサが出てる〟って言って。『(滝沢社長に)知ってた?』って言ったら、『知ってました』って…」と発言。

中居はいかにも寝耳に水であるかのような顔で答えていた。しかし、中居が滝沢社長のことについて触れるのが嫌なのは、発言から何度も聞き取れたという。

「中居は〝滝沢くん〟と言ったんです。中居は原則、木村拓哉、稲垣吾郎らにも呼び捨てでしたし、前は〝滝沢〟と呼んでいたはず。さすがに人事権まで持つ子会社社長ですから、敬称的に〝くん〟を付けたのでしょう。陣内が不仲についてしつこく聞くと、中居は『それでいいでしょ!』と無理やり打ち切っていました」(ジャニーズライター)

 

外国人コンビニ店員をバカにする中居

今回の番組では、中居の嫌味な本性も露呈していた。

「中居は『コンビニのココを直したい!』というテーマでトークをしていた際、カタコトでしゃべる外国人バイト店員をモノマネしながらあざ笑ったのです。陣内も中居に乗っかり、外国人アルバイトのカタコトを馬鹿にする始末。ネット上ではこのシーンが大問題になりました」(芸能記者)

視聴者からは

《芸能人が寄ってたかって… こういうクズがテレビに出るから、一般人も無意識に差別をしてても気付かないんだよ》
《中居、陣内… まともな日本語を話せない低学歴が外国人労働者の日本語をよくネタにできるな》
《まじめに働いてる方の言い間違いがそんなに面白いか?》

とたたかれまくっている。

共演者のヒロミは「日本語が完璧な外国人もいる」とフォローした一方で、〝完璧すぎて逆に面白い〟という差別的なトークを繰り広げていた。

日本語がカタコトな外国人たちは、母国語がペラペラなのは当然。日本語以外しゃべれないだろう芸能人たちが、そういった外国人をバカにするのは滑稽だ。

 

【あわせて読みたい】