HIKAKINがまさかの“金欠”? 「買えなかった」発言に驚きの声

HIKAKIN 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ユーチューバーのHIKAKINが3月2日、新たな動画を公開した。隣り合わせの高級マンション2部屋を購入し「高級車が買えるぐらい」の引っ越し費用をかけて新居に移ったHIKAKINだが、この日の動画では「予算の都合上…」と費用の面で思ったような企画ができなかったと示唆。視聴者からは驚きの声が上がっている。

この日『2体目のペッパーくんがやってきました!』とのタイトルで動画をアップしたHIKAKIN。2015年からソフトバンクのロボット『Pepper』を自宅に置いているが、なかなか使う機会がなかったという。動画では久しぶりにPepperを起動させ、「ひとりぼっちだったPepper君に2人目の仲間を加えたい」と前振りをする。

別室から大きな段ボール箱を運び込み、開封すると、その中にはロボットのPepperではなく、Pepperを模した巨大ぬいぐるみが入っていた。ソフトバンクのホームページ によると、高さ90センチ、幅55センチで価格は7万円(税抜き)だという。

HIKAKINはぬいぐるみを購入した〝動機〟を口に。「実はちょっとね、予算の関係上、同じロボットPepper君は買えなかったんですけど…」と、ロボットが高価でぬいぐるみに切り替えたと説明。それでもHIKAKINは「いいでしょ? かわいいでしょ?」とPepperに話し掛けるなどご機嫌。いつものように「チャンネル登録お願いします」と動画を締めた。

 

「本物を買う気がなかっただけでしょ」

これには視聴者から大反響。YouTubeのコメント欄には、

《HIKAKINから予算の関係上って言葉を聞くと思わなかった》
《HIKAKINさんでも予算足りんの??‪》
《予算の関係上、って本物を買う気がなかっただけでしょ》

などと、「予算」という言葉に反応するネットユーザーの書き込みが相次いだ。

また、「予算の関係上」ロボットの購入を取りやめたとはいえ、それでもぬいぐるみは7万円と高価。

《予算の関係上買えなかったって言ってるけど、その分普段の金遣いの荒さが出てるよ》
《半年後には部屋の片隅で埃をかぶっているんだろうな》

といったアンチのコメントも散見された。

最近「金遣いが荒い」と批判されることも多いHIKAKIN。本当に「金欠」にならないことを祈りたい。

 

【あわせて読みたい】