宇垣美里アナ“ウワサの大手事務所入り”が正式発表されないワケ

宇垣美里 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月末でTBSを退社する宇垣美里アナ。最新のスポーツ紙でも、いまだ“関係者の話として”の前置き付きで大手芸能事務所入りが報じられる不思議な状態が続いている。

「一部から出ている“就活”ままならずというウワサも、あながち無視できません。このまま所属事務所が決まらず、4月以降はテレビ局に自分で営業をかける完全なフリーアナになるなんてことも、本当にあるかもしれませんよ。彼女は局に批判的な態度だったし、自分と組んでいた人気フリーキャスターを実名で批判もした。これは局アナがやってはいけない行為。仮に自分がフリーになったとき、そんなことを言われたらどんな気がするでしょう」(女子アナライター)

宇垣アナは、今もリポーターとして出演中の同局『サンデージャポン』で、いろいろなオファーがあって決めかねていると発言していた。

「実のところ、まともな声が掛からずに四苦八苦しているのでしょう。正直、彼女を起用してもメリットはあまりない。女子アナとしてそれほど人気がないからです。本人は『ミス同志社』だというプライドがあるようですが、どこの局にも『ミス〇〇』で全く日の目を見ないアナがいるものです。宇垣アナは、自分がスターだと勘違いしているから始末が悪い」(テレビ雑誌編集者)

 

宇垣アナ「水着はイヤだけど下着はいい」

宇垣アナはまだ社員だが、局アナとして複数回グラビアに出たこともある。

「我が強くて、依頼が来ると『出たい!』の一転張り。責任者がダメだと言うとフテくされる。自分本位の典型ですよ」(TBS関係者)

もし、どこにも所属しない完全フリーになったらどうなるのだろうか。

「いずれにせよ〝無所属〟の期間は短いはず。その場合、出版社は一気に攻めるでしょう。彼女は『水着はイヤだけど下着はいい』と公言しています。直接ギャラ交渉できますし、セクシー度なども編集部の意向でどんどん上げられる。むしろ彼女のような抑えが利かない人は、完全にフリーの方がうまくいくかもしれません」(写真集編集者)

どこかの芸能プロに入っても、仕事が不満ですぐに辞めてしまうかもしれない。それならいっそ完全フリーで大暴れするところを見てみたい気もする。

 

【あわせて読みたい】