あいみょん『マリーゴールド』にパクリ疑惑! 20年前の名曲と一致?

昨年末の『第69回NHK紅白歌合戦』で初出場を果たし、今年を代表する歌手の1人にも数えられているシンガーソングライター・あいみょん。そんな彼女の楽曲『マリーゴールド』に対し、ネット上でパクリ疑惑が浮上している。

昨年8月に発売された同シングルは、「紅白」でも披露された彼女の代表曲。作詞・作曲ともに自身が務め、『ビルボード・ジャパン』のランキングでは最高で週間3位にも輝いている。

疑惑が持ち上がったのは2月末~3月初旬にかけてのこと。この期間、ネット掲示板やSNSでは『マリーゴールド』が1999年に発売されたゲームボーイソフト『メダロット2』のBGMにそっくりだとの指摘がどこからともなく浮上し、アフィリエイトブログを通じて瞬く間に拡散されていった。

 

“パクリ疑惑”がきっかけで意外な盛り上がりに?

騒動は動画サイトにも拡大し、YouTubeにアップされている『マリーゴールド』公式ミュージックビデオには批判と擁護のコメントが殺到。パクリ元と指摘された「メダロット2」のBGM動画も人知れずアップされていた状況から一変し、再生数やコメントがかつてない勢いで伸び続けている。

また、騒動は思わぬ効果を生んだようで、ネット上には「メダロット」を懐かしむ声が続出。アニメ、ホビー、ゲームの各ジャンルにのめり込んだという「メダロッター」が、

《懐かしすぎてワロタ》
《メダロッターあいみょんとかいうパワーワード》
《まさか平成も終わる今メダロットが再注目されるなんて…》
《メダロットからというところにむしろセンスを感じる》
《あいみょんメダロッターだったら推せるわ》
《あいみょんメダロッターやったんか。ファンになります》

などといった反応を見せている。

さらに、過去にパクリ疑惑が指摘された楽曲同士の比較など、今回の騒動を枕としてあらぬ盛り上がりを見せたネット民たち。「許しがたい盗作行為だ」などと怒り心頭に発言する人は、実はほとんどいないのかもしれない。

 

【画像】

TierneyMJ / Shutterstock

【あわせて読みたい】