広瀬アリスが『嫌いな女』は佐々木希と木村文乃で完全一致!?

広瀬アリス

(C)まいじつ

女優・タレントとして活躍する広瀬アリスが、3月1日放送の『東京らふストーリー』(テレビ朝日系)に出演。番組内で女性の〝ある行動〟への怒りを語ったことが話題になった。

この日の番組は「あなたはどっち!? ~残念女子SP~」と題し、ガッカリする女性の行動をトークやVTRで紹介。広瀬も日常で見掛けた女性の行動へ怒りをぶつけていき、番組冒頭には「薬局のテスターでしっかりとメークをする女性」へ強烈な嫌悪感を剥き出しにした。

その後も、広瀬は「SNSで暴走する女子が多過ぎる」と切り出し、「ハッシュタグで許せないのがあって、自分のコーナーを持っている女子」と独自のハッシュタグを付けて投稿する女性を一刀両断。「私の名前だったら『#アリスん家のご飯』とか、旅行に行ったら『#アリス・トリップ』とか」など自身の名前を例に取り、「自分でコーナー作ってる女子見ると『クゥゥゥーッ!』って」と叫び声を混ぜるほどの不快感をあらわにした。

 

この切れ味は〝サバサバ女子〟か否か

はっきりとモノを言う態度は視聴者の共感を呼び、ネット上には、

《話すと面白くて好き。すずとキャラだいぶ違う気がする》
《アリスこういうこと言うんだ、意外》
《サバサバした女子だったんだね》

などといった声が続出。一方、広瀬を〝サバサバ女子〟と認定する書き込みに対しては、

《こういうのは指原やこじるりが同性ウケ狙って言いそうなイメージだった》
《何も言わないのが本当のサバサバした女じゃない?》
《人は人、自分は自分って割り切れるのが真のサバサバ女子だと思うなぁ》
《こんなこと言うとアリスもサバサバ〝ぶってる〟だけに見えちゃう》

などといった反論も。広瀬のキャラクターを巡って賛否両論が上がり、さまざまな意味で話題になったことがうかがえる。

「ちなみに〝自分のコーナーを持っている女子〟としては、木村文乃の『#ふみ飯』、佐々木希の『#希んちのごはん』といったものが有名ですね。もしかしたら彼女らのことを思い浮かべていたのかもしれません」(女性誌記者)

これまで、主演も含め数多くのドラマ・映画に出演してきた広瀬だが、本当はバラエティー向きの人材なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】