“大人”になった『女子高生コンクリ殺人犯』の裁判態度に罵声殺到

(C)Photographee.eu / Shutterstock

3月5日、かつて世間を震撼させた『女子高生コンクリート殺人事件』の犯行メンバーだった元少年・湊伸治被告が起こした傷害事件の第2回公判が、さいたま地裁にて開かれた。

もはや説明不要だが、「女子高生コンクリート殺人事件」とは1989年に起きた世紀の大犯罪。東京・足立区の少年グループが女子高生を拉致・監禁し暴行・強姦の末に殺害、遺体をコンクリート詰めにして遺棄するという凄惨極まりない事件だった。

しかし、犯人たちは少年であったため、いずれのメンバーも後に社会復帰することに。今回の傷害事件は、「凶悪犯が再び起こした事件」として世間の注目を集めていた。

2月1日の初公判で読み上げられた起訴状によると、被告は昨年8月19日、川口市の路上で車の停め方を巡って男性と口論になったとのこと。その後、車内にあった警棒と折りたたみナイフを取り出し、素手や警棒で男性を殴った後、ナイフで後頚部を刺したとして罪に問われている。