漢検5級でドヤる『欅坂46』の学力に林修先生も閉口!

欅坂46

(C)まいじつ

3月4日に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)に、『欅坂46』から4人のメンバーが出演。そろってあまり賢いとはいえないクイズ成績を残していく中、1人が「とんでもないおバカ」だと話題になった。

今回、新曲のプロモーションも兼ね番組へ出演したのは渡邉理佐、菅井友香、土生瑞穂、小林由依の4名。『ネプチューン』の原田泰造、塾講師の林修先生とともに「欅坂46チーム」として各クイズに挑み、まずは簡単な英語を答える『イングリッシュブレインタワー』に渡邉、菅井、小林が挑戦した。

最初に回答したのは、メンバー1のお嬢様、高学歴キャラで知られる菅井。しかし、グループ名にも入っている「46」を英語で書けないという醜態を晒し、いきなり〝看板に偽りあり〟の無様さを見せてしまう。その後は他のメンバーも簡単な英単語を間違え続け、惨めな結果に終わってしまった。

 

これはキャラか天然なのか…

続いて挑戦したのは、徐々にレベルアップしていく漢字の読み書きを答える『日本語ツアーズバギー』。同コーナーでは小林と土生が入れ替わり、土生はトップバッターとして簡単な漢字から答えていくことになった。

挑戦前、意気込みを聞かれた土生は「一応、漢検5級を持っています」と自信ありげにコメント。しかし、漢検5級は小学校6年間で習う出題範囲であり、テロップでも「小6修了レベル」と5級の説明が加えられていく。

土生の発言にスタジオでは異様な空気が流れ、林先生は苦笑いでダンマリ。原田は笑いをこらえながら「5級ってあんまり言わないよ?」と諭すようにコメントした。

ネット上にも、

《漢検5級は笑うしかない》
《土生「漢検5級持ってます(ドヤ)」》
《自信満々に漢検5級をアピールする土生ちゃんヤバいな》
《こんなことドヤ顔でアピって恥ずかしくないのか》
《5級で満足気にするのかわいい》
《漢検5級でドヤるアイドルにツボったwww》

など、土生へのツッコミが続出した。

その後、「10問すべて正解を目指す」とクイズに挑戦した土生だったが、「合唱」すら書けずに2問で撃沈。果たしてこれはキャラなのか天然なのか…。

 

【あわせて読みたい】