加藤綾子「新ニュース」の詳細が“さんまのせい”で全く見えず!?

加藤綾子

(C)まいじつ

〝カトパン〟こと加藤綾子がMCを務めるフジテレビの新しい夕方ニュースが〝本格的〟なのか、それともこれまで通りの〝安普請〟なのか、すでにスタートまで1カ月を切ったというのに見えてこない。

3月6日、お台場のホテルで番組名『Live News it!』の発表と午後4時50分からのスタートを報告。同時に、夜ニュースに転出する三田友梨佳アナの紹介をするなどしたものの、どうにも会見の主旨が伝わらなかったという。加藤は月曜~金曜の5日間出演予定のようだが、その他の詳細は不明だ。

「わざわざ記者発表するほどかな、と思いましたよ。カトパンは『うれしい』『ワクワク感』と語るのみ。あとは木村拓也アナとご意見番の風間晋解説委員が並んだだけ。何を番組の中心にするとか、何をアピールしたいということもなく具体性なし。会見を開く意味がなかったですね」(フジテレビ関係者)

加藤が古巣であるフジテレビのニュース番組のMCになるという話については、本サイトが昨年の12月、当初は夜23時台での起用の可能性を真っ先に報じていた。どうやらその後、局が軌道修正をしたようだ。

 

ギャラは1回100万円で年収は2億円突破

「局アナ時代には早朝の番組に出演。フリーになって深夜番組というのは、さすがに彼女も嫌がったといいます。フリーとしては当たり前の主張でしょう。そこで朝と夜の間を取って夕方ニュースとなったようです」(同・関係者)

もっとも、フジの夕方ニュースは視聴率で苦戦中。民放4位が指定席といわれている。昨年4月に『プライムニュース イブニング』に改題したばかりだというのに、わずか1年でのタイトル変更が、その〝惨状〟を物語っている。

「正直、タイトルより内容でしょう。もうスタートまで1カ月切ったのに目玉さえない。コメンテーターさえ決まらないようで、また局アナだけのナアナア番組ではないかと勘繰りたくなります」(テレビ誌ライター)

かねて囁かれている、明石家さんまとの共演番組『ホンマでっか!?TV』を加藤が降りるのかどうかもハッキリしない。

「さんまは局の上層部に対し『オレは独身なんや』『加藤との共演が悪いんか』と、最近、完全にクレーマー化している。加藤はさんまとの共演は拒否しているものの、上層部が折れるとなると、新ニュースと合わせ週6本の出番になる。そこで『ニュース週5本』か『ニュース週4本プラスさんまの番組』の形にするかどうかを模索中だといいます。いずれにせよギャラは1回100万円で年収は2億円突破。フリーの女子アナでは断トツです。さんまがゴネているので正式発表できないのが実情でしょう」(同・ライター)

加藤にとって、さんまは〝ガン〟みたいなものかもしれない。

 

【あわせて読みたい】