元『AKB48』『乃木坂46』… 韓国へ日本のアイドルが続々と流出!

宮脇咲良

(C)まいじつ

元『AKB48』の竹内美宥が先ごろ、3月より韓国の芸能事務所『ミスティック・エンターテインメント』に所属し、デビューを目指すことを自身のTwitterにて発表した。

竹内は《私が一番行きたかった事務所さんです 一から練習して、良い音楽をお届けします!》とコメント。ファンからは、

《今後の活躍、期待してます!》
《韓国でも頑張って下さいね》
《ミスティックは美宥ちゃんにうってつけみたいな事務所だね。これからますます楽しみにしてます》

など、応援のメッセージが殺到している。

また、『AKB48』の高橋朱里は3月4日、自身の『生誕祭』講演で卒業を発表。今後は韓国の『ウリムエンターテインメント』から再デビューすることを発表している。

ここに来て、アイドルグループメンバーの相次ぐ韓国進出がブームになっているが、背景には何があるのだろうか。

「まず、日本におけるアイドルグループが飽和状態にあることが上げられます。コアなアイドルオタクに支えられてきた市場ですが、音楽好きはmiwaやあいみょんなどのシンガーソングライターを好む傾向があり、ここ数年は先細りが懸念されていました。自分の先行きが不安なアイドルも多いでしょう。一方で、韓国側は〝韓流ブーム〟が下火になった後、どうやって日本の芸能界に食い込むかが命題になっていました。日本のアイドルを招き入れることで、反韓、反日感情を希薄化し、若者世代に売り込みたいというわけです」(音楽ライター)

 

日本人のかわいらしさが韓国で注目?

昨年放送された韓国のオーデション番組『PRODUCE 48』からは、日韓混成12人のアイドルグループ『IZ*ONE(アイズワン)』がデビューしており、日本人メンバーは『HKT48』の宮脇咲良と矢吹奈子、『AKB48』からは本田仁美が所属し、すでに活躍中だ。

「当初、日本のアイドルは韓国のセクシー路線にはそぐわないという見方がありましたが、逆に韓国人アイドルにはない〝かわいらしさ〟が注目されています。また、誰もがみな同じような〝整形顔〟の中で、日本人アイドルのナチュラル感も人気になっています。すでに宮脇は日本での活動を中止し、『IZ*ONE』に専念することを発表しています。しばらくはこのような流れが続くと思いますよ」(同・ライター)

他にも『乃木坂46』の1期生で、昨年3月に卒業した川村真洋も〝MAHIRO〟名義で、K-POPグループ『Z-GIRLS』として韓国でデビューすることを2月21日、自身のツイッターで発表している。

多くの〝闇〟を抱える日本のアイドル界にいるよりも、いっそ海外に進出して実力を試してみたいというアイドルが出てくるのは必然かもしれない。

 

【あわせて読みたい】