不評…じゃなかった!意外と女性にモテる「進化したスイーツ男子」とは

まずは、テレビ朝日系番組の『仮面ライダー鎧武(ガイム)』(2013年)のバロン役で人気に火が付いたイケメン俳優「ゆうちゃむ」こと小林豊(26)。今年8月には念願の初レシピ本『小林豊の恋するレシピ』を小学館から発売した。

また、熱血&ガテン系のイメージが強い俳優の市原隼人(28)は、妻でモデルの向山志穂に日本テレビ系のバラエティー番組『解決!ナイナイアンサー』でその女子力を暴露され、一気に好感度アップ。料理や育児はもちろん、その話の中でも、バレンタインデーにガトーショコラを手作りしてくれたことを明かすと、女性出演者、観客ともに色めき立ち、向山に羨望の眼差しが集まった。

最後は、9月24日に亡くなった女優・川島なお美さんの夫で、パティシエの鎧塚俊彦氏(49)。プロだけにお菓子づくりの腕には間違いないが、06年6月に都内で行った結婚披露宴に登場した出席者をあっと驚かせたウエディングケーキはもちろん、病床の川島さんへの献身的な看病の様子などから、鎧塚氏の男性としての魅力も世間に伝わり、スイーツを作る人は素敵な男性が多いというイメージを植え付けた。

今まで甘い物好きを隠してきた男性には、まったくその必要がないことを伝えたいのと、自分は「スイーツ男子だから」と“モテ男”を気取っていた人も、まず、クッキーやマフィンといった手軽なものからお菓子作りに挑戦して、真のスイーツ男子を目指して欲しいものだ。

 

【画像】

※ Monkey Business Images / Shutterstock