市川海老蔵にセクハラして大炎上! 林真理子の質問に批判続出

市川海老蔵

(C)まいじつ

歌舞伎俳優の市原海老蔵と小説家の林真理子氏の対談が『週刊朝日』(3月8日号)に掲載された。

ブログで子供と遊んでいることばかり書いている海老蔵に、林氏は「お酒は飲んでないの?」と質問。海老蔵は、

《酒ほど無駄なものはないという思考になってるんですよ。今はほぼストイックな生活をしてまして、今日も稽古があるので何も食べてないですし、いつも仕事のことを考えています》

と、イメージとは違うかなり真面目な一面を明かした。

海老蔵のストレス解消法はVR(バーチャルリアリティー)で遊ぶことで、家ではアニメ動画を見たりスイーツを食べて過ごしているとか。これに林氏は「え~そんなのつまんない(笑)」と茶々を入れるも、海老蔵は、

《つまらなくないです。女の子のいるところ、例えばクラブも昔はよく行っていた時期もありましたが、今はもう行かなくなりましたね》

と、女遊びに関してもすっかりおとなしくなったと発言。林氏が「女性はおもしろいところありますよ」と食いつくも、「女性に関しては70周ぐらいしたんで、だいたい分かってますから(笑)」と冗談を飛ばしていなした。

さらに林氏が「オバサンの世界とかは知ろうと思わない?(笑)」「カッコいい男盛りの海老蔵さんが女性に興味を失ったなんて…」と食い下がるも、海老蔵は真面目さを打ち出して話をかわし続けていた。

 

セクハラ上等! の林真理子

するとこの記事に対して、

《これ林さんの質問って普通にセクハラ質問なんですけど、揚げ足取りでもなくて異性に異性関係を質問するのってセクハラだってご本人もよくおっしゃってますよね?》
《もしも同じ質問を誰か男性が女性にしたらセクハラだ女性蔑視だって騒ぎまくるよね林さん…》
《下世話? 下品? 読んでて気分悪かったわ》
《異性関係を聞くのはセクハラですよ》

などと、林氏に対する批判が続出した。

林氏は2017年に公開したエッセイで、「野心を持った女の子が大好き」と前置きした上で、

《仕事のためなら、オジさんに手ぐらい握らせてやる。ま、相手次第ならキスも可か……。しかもセクハラなどと騒ぎ立てない。が、最後までさせてしまっては身もフタもない。この加減が分かる女というのはなかなかのものだ》

と、色仕掛けでのし上がる女性を称賛するような考えを示していた。

林氏には〝セクハラ〟なんて言葉は頭にないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】