左遷!? 久慈暁子アナ『めざましどようび』MC就任の裏事情

久慈暁子 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

フジテレビの将来のエース候補と期待されていた〝クジパン〟こと久慈暁子アナの株が急落している。彼女には「ポスト・加藤綾子」という声も確かにあったが、今や「買いかぶりだった」という見方さえ出ている。

「美女度は申し分ないのですけれど、何か覇気のようなものがない。言われた仕事をこなし、それで終わりという雰囲気。頑張っていい仕事をしたいとか向上心や努力を感じないんです」(女子アナライター)

2017年、青山学院大を卒業後に入社。大学時代にティーン誌の専属モデルだったことから、鳴り物入りでの入社だった。

「16年にエースのカトパンがフリーになって、新エース作りが急務となった。そこで人気モデルの久慈に白羽の矢が立った。彼女の母親もローカル局の元アナウンサーで血筋もいい。しかも女子アナ界でのブランド・青学大の出身。後継者としては最高の素材だったのです」(フジテレビ関係者)

しかも、久慈アナには他の女子アナもうらやむ特記事項があった。あの大谷翔平と同郷で、地元の広報誌の企画で市長を囲んで対談をしたり、共通の知人もいることから「大谷に最も近いアナ」として注目を集めてきた。

「大谷は高卒プロ入り2年目で通算勝利10勝、通算本塁打10本を超えるというトンデモない数字を記録。4年目はパ・リーグのMVPも獲得した。女子アナの結婚相手として断トツの人気者になりました。久慈アナは大谷番を想定して採用されたともいわれたのです」(同・関係者)

 

久慈アナがまさかの左遷!?

現在、久慈アナは朝の情報番組『めざましテレビ』に出演中。局のスポーツ担当として共同会見に出席していたこともあった。

「番組の最初のアイサツは後部2列目の左端が定席。番組の主力ではない完全な証明です。スポ担も、ボケた質問やヤル気のない態度が局内外からブーイング。すでに外されたようです」(同)

久慈アナは、来る4月6日より『めざましどようび』のMCに就くことが決定。『めざましテレビ』との兼務になるかどうかは不明だが、土曜日が本業になる。

「『――どようび』のMCを降板することになった宮澤智アナも、元スポ担なんです。やはり共同会見で変な質問ばかりするので外れ、土曜日行きとなった。宮澤アナは大学時代に水着ギャルとして活動。久慈アナも多くの水着をこなしてきた。2人とも共通項が多く、久慈アナも左遷と見られます」(女子アナライター)

クジパン、踏ん張れるか!?

 

【あわせて読みたい】