福原愛「私、愛されてます」エピソードに“モヤる”声が続出

2016年、自身と同じく卓球選手である台湾人・江宏傑と結婚した「愛ちゃん」こと福原愛。そのラブラブっぷりは今なお健在のようだが、ネット上では「ノロケ過ぎでは?」との指摘も上がっている。

去る2月22日、夫の江が節目となる30歳の誕生日を迎えると、福原は直後の0時5分に祝福と感謝のメッセージをツイッターへ投稿。

《映画館でも背の低い私を気にして見やすい自分の席と交換してくれる旦那さん》
《プレゼント何がいいと聞いたら愛が休んでくれることが一番のプレゼントだよと言ってくれる旦那さん》
《30歳のお誕生日おめでとう》

などと、微笑ましいエピソードを明かし、〝いいね〟の数は瞬く間に10万件を超えていった。

 

過剰なLOVEアピールに「モヤる」

しかし、同ツイートの冒頭には《パンや肉まんは真ん中のおいしいところを私に全部くれて自分は味のないところを食べる旦那さん》という、いい話なのか分からない謎のエピソードも。

福原本人はこれを気遣いと捉えているようだが、ネット上では、

《肉まんは皮と具を一緒に食べるからおいしいの》
《これはもう肉まんではなく肉団子を買って食べた方がいい》
《旦那が無類の皮好きなのか…?》
《全く、うらやましくないです…》
《愛ちゃん的にはこれも優しさなのかwww》

などといったツッコミが続出している。

また、江は日頃から福原に尽くすタイプのようで、3月8日のツイートによれば、記念日でもない日に「いつもお疲れ様」とマッサージ店へ連れて行ったとのこと。帰りには福原へのプレゼントにバッグも買ったようで、仲むつまじい夫婦関係を明かしている。

しかし、あまりに過剰なアピールからか、一部では、

《幸せそうで微笑ましいけど、あまりアピールし過ぎるのもモヤる》
《「私、愛されてます」アピールみたいだなぁ》
《こういうアピールは同性の反感買うから抑えなきゃ》

などの声も。こうしたラブラブツイートに〝モヤモヤ〟を覚える人も少なくないようだ。

いろいろな反応はあるものの、エピソードを見るにつけ、2人とも〝ド天然〟であることは否定できないだろう。

 

【あわせて読みたい】