あの大物女優がNG?『ハズキルーペ』新CMのキャストに違和感

米倉涼子

(C)まいじつ

謎過ぎる世界観で大好評を博している『ハズキルーペ』の新CMがテレビで放送開始となった。相変わらずのノリで注目を集めているが、キャストには疑問が残る部分もあるという。

今回のCMには、前回より引き続き武井咲、小泉孝太郎、舘ひろしの3人が出演。そこに新たなメンバーとして、元テニス選手の松岡修造が加わった。

CMのコンセプトは〝舞台リハーサル〟。壇上で、松岡が「世の中の文字は小さ過ぎて読めない!」とおなじみのセリフを大げさに叫び、そこに武井も続けて登場。商品の紹介をすると、舞台監督役と思われる小泉が客席から「舘さん、『ハズキルーペ、だぁ~い好き!』」と指示を送る。

すると、舞台の真ん中に立った舘が、手でハートを作りながら「ハズキルーペ、だぁ~い好き!」と、これまたおなじみのポーズを披露。それからは恒例のハズキルーペをお尻で踏むくだりをやって、CMはエンディングを迎えていく。

このCMは、テレビで放送されるたびにネット上で大きな盛り上がりとなり、

《修造が出てるハズキルーペのCM大草原って感じだった》
《ハズキルーペのCMに修造出て来て元気出た》
《新しいCMめっちゃおもろいやん笑》
《またパワーアップしてるしwww》

などと、キャスティングが大好評だ。しかし、とある大物女優に出演を断られたという説もあるらしい。

 

米倉涼子が1億円オファーを拒否?

「昨年11月発売の『週刊文春』に掲載されたインタビューで、『ハズキカンパニー株式会社』の松村謙三会長が、春のCMで〝ビッグネーム〟を出すと意気込んでいました。これが松岡とは、どうしても思えないのです」(芸能記者)

確かに松岡は大物かもしれないが、これまでは渡辺謙や石坂浩二、武井咲など、俳優・女優を積極的に起用している。

「11月に松村会長が次を予告した段階では、米倉涼子が出演するとウワサされていましたね。しかし、米倉がオファーを断った可能性が高そう。松村会長は、新垣結衣に1億円でオファーをかけたが、スケジュールの都合で断られたことも明かしていますし、女優によってはイメージを考えて出演しないケースが十分にあるかと。松岡も良いキャストではありますが、大物俳優たちがノリノリの演技をするからこのシリーズは面白いのであって、正直、インパクトとしては微妙ですね」(同・記者)

ぜひ次こそは、米倉にお尻でハズキルーペを踏ませてほしい。

 

【あわせて読みたい】