東京・小平市美人看護師殺害事件「NEWS ZERO」が被害者の鍵付きTwitterアカウントを放送の“謎”

高木さんは3年前、自宅からおよそ1.5km離れた総合病院に勤め始め、昨年3月から高野容疑者と同棲していたという。

「埼玉県川口市出身の高木さんは地元の中学、高校では活発な子で、少々やんちゃなところもあったようですが、高校卒業後は看護学校に進学し、今の病院に勤めていました。遅刻や欠勤は全くなく、勤務態度はいたって真面目。同棲していたことは知っていましたが、最近しきりに別れたがっていたので心配していた矢先の出来事でした」(高木さんの同僚)

2人の間に何があったのか。看護学校の関係者がこう語る。

「高野君とはネットで知り合ったという話を聞いたことがあります。付き合い始めた頃は高野君は神奈川県で会社勤めをしていて、梨花は『遠距離(恋愛)は大変なんだ』と言っていましたが、しばらくして高野君が梨花のマンションに来て暮らし始めたんです。
高野君は会社を辞めてまでして小平に来たようですが、最初はアルバイトで稼いでいたものの、そのうちまったく働かなくなり、梨花のヒモのような生活になってしまった。いつも『シュンくん、シュンくん』と言っていた梨花も、そんな高野君に愛想を尽かして別れ話をするようになったようです」

高木さんのフェイスブックには、同棲を始める際にカーテンを新調するなど、部屋の模様替えをする様子が嬉しそうな文体で綴られていた。それにしても、なぜ“鍵付き” Twitterが電波に乗ってしまったのか? 謎だ。

 

【画像】

※ gualtiero boffi / Shutterstock