「これはマズいだろ」矢口真里が“元カレ”の兄と禁断の共演!

矢口真里

(C)まいじつ

3月17日、『あの天才の兄弟姉妹 ~光と影ものがたり~』(テレビ東京)に、元『モーニング娘。』の矢口真里が出演。番組の構成が「因縁の組み合わせ」「これはマズイだろw」などと、ネット上で大きな話題となった。

同番組は有名人とその兄弟・姉妹をスタジオに招き、さまざまなエピソードを引き出していくトークバラエティー。矢口は5歳年下の妹・美樹とともに登場し、姉がトップアイドルゆえの美樹の苦悩を中心に番組は進行していった。

美樹は姉と同じようにアイドル活動をしていたが、2012年11月に当時所属していたグループを離れてアパレル店員へ。そして、およそ半年後に姉の不倫問題が発覚すると、世間から身を隠すようにホテル暮らしをする姉を〝お見舞い〟に行く日々が続いたのだという。

 

元カレの兄登場に思わず笑う視聴者

献身的に寄り添う妹のおかげもあり、バッシングで憔悴していた矢口も1年半で芸能界へ復帰。〝姉妹の絆エピソード〟にスタジオは感動的な空気となり、そのまま次のゲストが紹介される流れとなった。

すると番組終盤には、俳優・小栗旬の兄がスタジオに登場。弟にまつわる〝いい話〟で出演者を感心させたが、視聴者にはこれが何とも滑稽な画に見えてしまったようで…。

「2005年、写真週刊誌『フライデー』は、矢口と小栗が〝お泊り愛〟をする様子をスクープ。これによって矢口は『モー娘。』を脱退し、当時最短のリーダー任期記録を樹立しました。その小栗のVTRを見た上にスタジオで兄と並んだのですから、当時を知っている人からすれば笑いをこらえるのに必死だったことでしょう」(アイドルライター)

実際、ネット上には、

《矢口よくオファー受けたな…》
《矢口と小栗ってあかんやろ》
《スタッフ狙ってるだろ》
《不倫で失敗したエピソードの後にクビになった元凶の兄が出るとかwww》
《いかに矢口が男好きか垣間見える回だな》

などといった声が続出していた。

また、番組には石田純一の妹も出演しており、「不倫は文化」発言でバッシングを受けた当時、どんな逆境にさらされていたかというエピソードも告白。元カレの兄と不倫発言でたたかれた石田をキャスティングするとは、スタッフには暗に矢口をからかう意図があったように思えてならない。

 

【あわせて読みたい】