“疑惑の準ミス”井口綾子の武器は『柔らかFカップ』と『鋼メンタル』

現役女子大生で『ミス青山コンテスト2017』準グランプリの井口綾子が、20日発売の『週刊ヤングジャンプ』で色白ビキニボディを披露した。

推定Fカップの豊満ボディと透き通るような肌の白さから〝モッツァレラボディ〟と評判の井口。青山学院大に入学した直後から「将来、女子アナ間違いなし」と言われていたが、どうやらグラビアアイドルとして芸能界入りすることになったようだ。

「もともと本人は女子アナ志望で、アナウンサー養成学校に通い女子アナの登竜門『テレビ朝日アスク』に学生キャスターとして所属していました。AbemaTVのニュース番組などで原稿を読んでいたこともありますね。一時はキー局の女子アナに内定しているとのウワサが流れましたが、どうやら話が〝ご破算〟になってしまったようです」(女子アナウォッチャー)

問題になったのは、〝裏垢での自作自演疑惑〟だという。ミス青学出場者の中でも伝説級のかわいらしさで注目を浴びた井口だったが、ネット上でドス黒い〝裏の顔〟が露呈してしまったのだ。

 

『ポッと出』だからイジメられる?

「井口はミスコンで優勝できなかったことから、裏のアカウントを使い、ツイッターに『本当に青学ミスコン運営は何を考えてるんだろうか。目腐ってる?』とコメントした疑惑を持たれています。また他にも『ネットの情報見て信じるのやめてあげてください、実際会ったときとってもいい人でしたよ!』『実物会ったけど、何なら写真よりかわいいです』などと、自らを褒め称えたことが分かっています。もっとも、本人は一切これらを否定していますけどね」(同・ウォッチャー)

井口は当時、ウェブマガジン『R25』のインタビューでも、誹謗中傷を受けた理由について「多分、私が『ポッと出』だからかなと思っていました(笑)。身近な存在だと、何と言うか…『自分が越された』『負けた』って感じてしまうのかな」と語り、メンタルの強さを見せつけていた。しかし、ネット上では数々の証拠が残されていたことから、「こいつ本当に厚かましいな」「いや、証拠もそろっているのにすごい開き直りだな」など、非難轟々だった。

また、昨年10月24日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際には、SNS上と実物の顔があまりにもかけ離れていたことが判明したため、ネット上で「加工がヒド過ぎるwww」と嘲笑の的になったこともある。

現在、井口は『レプロエンタテインメント』に所属しているが、同じ年のミス青学になった今井美桜は、セントフォースに所属し、『NEWS ZERO』のお天気キャスターとして活躍している。早くも差を付けられてしまった形だが、井口の性格からすれば、〝自分が先を越された〟とは思ってもいないのかもしれない。

井口のここまでのメンタルの強さは、ある意味芸能界向き。ファンにとっては将来が楽しみだろう。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock

【画像】