山口真帆は嘘ツキなのか!?『NGT事件』調査結果に怒り爆発!

(C)TeodorLazarev / Shutterstock

『NGT48』のメンバー・山口真帆が襲撃された事件に他メンバーの関与が疑われていた件について、運営会社の『AKS』が3月21日、第三者委員会による調査結果を公表した。

報告書によると、「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」ものの、「運営上の不備が指摘されました」とのこと。続けて「今回の事件とは直接関係はありませんが」と前置きしつつ、「メンバーが私的領域におけるファンとのつながりがあった」としている。

しかしながら「責任を問われるべきなのは当社」だとして、当該メンバーの風紀の乱れについては不問にするという。

この調査報告にネット上は早くも大荒れ。

まず前段の「メンバーの関与なし」の時点で、

《ウソだ》
《ちゃんと調べたのか》
《こんなことだろうと思った!》
《まるでまほほん(山口)が嘘ついてるって言ってるような結果》

といったコメントであふれており、ファンを中心としたネットユーザーのほとんどは、この調査結果を全く信用していない状態だ。

 

坊主にまでなった峯岸みなみは何だったのか

さらに彼らを怒らせたのは、後段の「風紀の乱れを不問にする」とした部分。というのも、AKSはこれまで、ファンと私的なつながりを持ったメンバーを何人も実質的に解雇してきた経緯がある。古くは、男性と撮ったプリクラが流出した程度で解雇となったメンバーさえいるほど。

《不問って甘々ですね、絶対同じようなことを繰り返すよ》
《堂々とファンとのつながり認めて開き直ってんじゃないよ!》
《消費者をバカにするのもいいかげんにしてくれる?》
《坊主にまでなった峯岸みなみは何だったのか》
《実名挙げないと、本当に無関係なメンバーまで疑われるだろ!》

など、疑問の声が続出している。

「以前からネット上では、メンバーとつながりのあったファンが山口を襲撃した犯人だと指摘され続けてきました。そのため、『メンバーはファンとつながりはあったが、事件に関わっていない』という中途半端過ぎる結果に、疑問を持たれているのでしょう」(芸能ライター)

今回の発表タイミングに関しても、フィギュアスケート世界選手権やイチローの引退にわざとぶつけて、紛れてしまおうとしているのではないか? と邪推されている。

運営への信頼性は、完全になくなっているようだ。

 

【画像】

TeodorLazarev / Shutterstock

【あわせて読みたい】