上戸彩の前で“元カレ”森田剛の話! リアクションに視聴者クギ付け…

上戸彩 

(C)まいじつ

3月20日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、『V6』の井ノ原快彦と女優の上戸彩がゲスト出演。番組中で語ったエピソードに、視聴者が衝撃を受けたようだ。

今月26日に放送されるカンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』で共演している2人は、同ドラマの番宣に登場。「上戸・井ノ原がしなさそうなこと」や、「V6」メンバーが出演した際の恒例となっている〝V6結成秘話〟で『TOKIO』メンバーとトーク繰り広げていった。

これまで番組には「V6」メンバー全員が出演しているが、なぜかそれぞれで結成のエピソードは異なっている。特に、坂本昌行と三宅健が同時出演した2017年の放送では両者で話が食い違っていたため、今回の放送でも当時のVTRが振り返られていった。

 

真剣交際の過去を想起

VTR内の三宅は、「当時ジャニーさんから『こんなメンバーで新グループを作ろうと思ってる』と話があって、そこに剛(森田剛)が入ってなかった」「剛が一緒じゃなきゃ嫌だったから最初はデビューを断った」と告白。VTRが明けると井ノ原も言及し、「坂本くんから新グループに関する電話があって、俺も『剛と健は人気があるから入れた方が良いと思う』と提案した」などと自身の記憶を振り返っていった。

VTR上の三宅、スタジオの井ノ原と2人もの口から飛び出した森田のエピソード。上戸は相づちやワイプリアクションでこれに反応していったが、中にはハラハラとする視聴者もいたようで…。

「2002年ごろと、もう随分昔の話ですが、上戸と森田は週刊誌に2ショットを撮られて交際が発覚。その後、関係は8年もの長期にわたって続き、2人で出歩く姿もたびたびスクープされていました。今や互いに幸せな家庭を築いていますが、業界では〝ゴールイン間近〟との情報も何度か飛び交いましたよ」(スポーツ誌記者)

ネット上には、

《剛、剛って連呼してるw》
《何で別れたのか聞いてくれよ》
《どういう気持ちで聞いてるんだろう》
《上戸のいるところで森田の話はドキドキ》
《元カレなのに話していいんだね》
《見ている方がヒヤヒヤする。NGじゃないのか?》

などといった感想が。特に腫れ物扱いされることなく平然とトークが進んだことに、視聴者は驚きや意外性を感じたようだ。

 

【あわせて読みたい】