工藤静香の“花粉対策”ファッションが「ヤンキー丸出し」と話題

工藤静香

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月19日に歌手の工藤静香が自身のインスタグラムを更新。その中で披露した花粉症対策ファッションが物議を醸している。

犬の散歩中に撮影したと思われる今回の写真。紫のパーカーと黒のブルゾンを羽織り、下はデニムにスニーカーというカジュアルなスタイルで決めている。顔にはマスクを着用した上、フードもかぶっており、もはや目元しか見えてない状態。工藤は、

《この時期の散歩はクシャミで腰が抜けてしまいそう

B240乳酸菌入りドリンクでカラダをバリアしているせいか、去年より楽かもしれない》

と、花粉症に苦しんでいることを明かした。

これにファンからは「静香さんが体調を崩すことなく、静香さんに花粉が飛んできませんように」「マスクしてもキレイなしーちゃんにうっとりしました」「くしゃみで、肋骨折らないように気を付けて下さいね~」などと優しい声が多く寄せられている。

 

さすがのしーちゃん!セレブになっても“魂”は昔のまま

しかし、匿名掲示板では、

《ワンちゃんのふわふわの毛に花粉がたくさんついてそう》
《花粉症で犬の散歩に行くならなら髪をまとめておいた方がいい》
《工藤さん完全防備だけど、犬の方が花粉だらけになりそうだなぁ》
《花粉症なのに髪もまとめないとは…》
《花粉症きつい自分からすると、髪をまとめてないしメガネも着けてないしありえな》
《犬に花粉がかなり付きそう(笑)》

など、花粉症対策法に対してツッコミの声が多く寄せられていた。さらにファッションに対しては、

《年取ってもヤンキー臭は取れないんだね》
《こんなヤンキー田舎にいっぱいいそう》
《隠しきれないヤンキー臭》
《ドンキにいそう!》
《昭和のヤンキーは、やっぱり紫なんだね》

など、ヤンキー丸出しだと指摘される始末。

絵画に目覚めたり料理にハマるなど、すっかり落ち着いた印象のある工藤だが、ファッションが落ち着くことはないらしい。

 

【あわせて読みたい】