『NGT48』つながっていた12人に忍び寄る“脱がせ屋”の魔手!!

(C)Remark_Anna / Shutterstock

AKBグループの運営会社・AKSは、『NGT48』の山口真帆に対する暴行事件に関して、第三者委員会の調査報告書をもって幕引きの予定だったようだが、山口本人の反撃に遭ってしまい、収束どころか過熱する一方だ。これにより、NGT48の存続自体が危ぶまれる状況になってしまったという。

「これを受けて暗躍を開始したのが、いわゆる〝脱がせ屋〟たちです。一連の騒動で〝黒幕〟として名前が挙がっているメンバーを中心に、熱心なスカウト活動が始まっています」(芸能関係者)

AKSの取締役たちがそろって会見しているさなかに、被害者の山口が運営をウソつき呼ばわりして糾弾するという前代未聞の展開だった。

「第三者委員会の調査報告に関する会見だったのに、出席したのは委員会のメンバーではなく、当事者のAKSの取締役たち。これでは自分たちの都合の良いことしか言わないのは明白だった。案の定、AKSの思惑通りに会見を進めていたところ、業を煮やした山口がツイッターで真相を暴露したのです」(AKBライター)

あまりにもお粗末な対応にNGT48の本拠地、新潟も激怒しているようで、県民、スポンサー企業からの支持もほぼ失ってしまったようだ。

「この会見が決定打となり、解散、消滅というのは避けられないでしょう。スポンサーは離れ、地上波のレギュラー番組も終了。予定していた新曲も出せず、今後の活動は困難です」(同・ライター)

 

NGT卒業後の進路はセクシー路線のみ?

山口は、本人の意思さえあればNGT48が消滅しても芸能人として活動できるだろうが、特に厳しいのが一連の事件で〝黒幕〟として名前が挙がっているメンバーたちだ。いくら本人たちが否定しようとも、ネット上ではすっかりダーティーなイメージが定着しており、どこにも〝拾う神〟はいないのではないか…。

「セクシー業界を除いては、ですね。早速〝脱がせ屋〟たちが暗躍を始めました。すでに黒幕メンバーたちに接触を図っていますよ。NGT48在籍中は脱ぐことはできないですが、グループが消滅して契約がなくなれば問題はない。その時が近いことを見越して声を掛けているのです」(前出の芸能関係者)

AKBグループからセクシー業界に転身し、大成功を収めた〝先輩〟は複数いる。ガンバってほしいものだ。

 

【画像】

Remark_Anna / Shutterstock

【あわせて読みたい】