『NGT48』山口真帆がメンバー“2人”を黒幕だと新たに名指し!?

(C)file404 / Shutterstock

昨年12月に『NGT48』山口真帆が男性から暴行を受けた事件に関して、運営会社の『AKS』が3月22日に新潟市内で第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。しかし騒動は全く収集しないどころか、さらなる大事へと発展。〝あるメンバー〟に疑いの目が向けられ始めているという。

第三者委員会の報告により、12人のメンバーが「ファンとの私的接触」があったことが明らかになったのだが、『AKS』は今回の事件との関係性について証拠がないめた「不問に付す」とした。

すると山口がツイッターで、

《証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます》

と反論。双方の意見が食い違い、真実が分からない状態になっている。

そんな中、ネット上では山口がツイッターのフォローを外したメンバーに注目の目が向けられた。

「山口は事件が起きた後に、荻野由佳、西潟茉莉奈、太野彩香などのフォローを外しています。これにより、ネット上では彼女らが事件と何らかの関係があると推測。一方で、山口がフォローを続けているメンバーは〝シロ〟だと思われていたのですが…」(芸能記者)

 

山口のフォロー解除で疑惑メンバーに批判殺到

山口は『AKS』の説明会が行われる少し前に、新たにツイッターのフォローを3名解除。それは、〝NGT48公式ツイッター〟と、『NGT』メンバーの中井りか、清司麗菜だという。

「これにより、中井と清司にも一気に批判が集中することになりました。すでに両名のSNSには、『何か言えやクズがよ! 何でまほほん(山口)のフォロー外されてんや?』『ファンとつながりがある12人選抜確定おめでとう!』『堕ちてゆく瞬間が見たいのでフォローさせていただきました』『フォロー外されたのが答えだとしたら悲しい…』といった声が寄せられています。中井といえば、『NGT』の中ではトップクラスの知名度と人気を誇るメンバーなので、運営が彼女を守っているという線はあり得そうですね」(同・記者)

今回の第三者委員会の調査報告書を山口も読んだというが、このときに新たな事実を知ったのかもしれない。果たして真実が明るみになる日は来るのだろうか。

 

【画像】

file404 / Shutterstock

【あわせて読みたい】