『元・欅坂』を名乗るな!ビッチな今泉佑唯にバッシングの裏事情

昨年11月に『欅坂46』を卒業した今泉佑唯が、バラエティー番組への進出を本格化させている。今月後半だけでも『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)、『行列のできる法律相談所』(同系)、『有吉ジャポン』(TBS系)など名だたる人気番組へ出演しているが、「欅坂」ファンは〝いい迷惑〟と感じているようだ。

バラエティー出演時の今泉がウリにしているのは、〝元「欅坂」〟という肩書と、元アイドルとは思えないオープンで爛漫なキャラクター。3月14日の「ダウンタウンDX」では中学時代に男子生徒を弄ぶ小悪魔だったことを暴露し、22日深夜の「有吉ジャポン」では写真集を見て「こういう言い方したらもう最近はセクハラになっちゃうんだけど… デカパイだなぁ」とニヤける有吉弘行にも笑顔で対応している。

24日に出演した「行列――」でも、今泉は無理に飾らない等身大のキャラクターをアピール。美尻のためにジムでヒップトレーニングを行なっていることを映像付きで紹介し、「お尻触ってもいい?」という磯野貴理子の要望も嫌な顔せず受け入れていった。

 

今泉の“復讐”に反発?

しかし、「欅坂」のファンはこうした活動を快く思っていないようで、今泉を「欅坂のツラ汚し」「辞めたんだから欅坂を名乗るな」と攻撃する動きが見られている。実際、これらの番組放送時には、

《欅坂の肩書使ってヨゴレ仕事するなよ》
《元欅坂って言わないでほしい》
《欅と名乗るなよ。欅が嫌いで出てったクセに、欅で仕事を取るなんて…》
《欅が今泉みたいな軽くてビッチな女ばかりと思われるのが許せない》
《自分が売れるために欅坂の看板を汚す清々しいまでのクズ》
《テレビで元欅坂を名乗りながら下品なこと言うのは本当にやめてほしい》
《「元 欅坂46」の名じゃないと売れない今泉佑唯》

など、今泉が〝元「欅坂」〟を名乗ることに相当な批判が起こっている。そして、「欅坂」ファンが今泉を目の敵にする理由は、卒業時のいざこざが関係しているようで――。

「今泉が卒業した理由は、同期である平手友梨奈の一強体制に納得できず、グループ運営と対立したためといわれています。現に、卒業直後に発売されたグラビア誌『blt graph.』の1万字インタビューでは、干されて居場所がなくなったような語り方もしていますし、その後も何かと『欅坂』のイメージを覆すような言動が目立っています。こうした〝復讐〟ともいえるやり方に『欅坂』ファンが反発を抱いたことで、現在のような〝今泉=裏切り者〟という流れはすっかり定着してしまいました」(坂道グループウオッチャー)

清楚なイメージをウリにしている坂道系アイドルのファンたちにしてみれば、イメージを壊されて怒り心頭なのかもしれないが、必死に芸能界で生き残ろうとする今泉を応援するものはいないのだろうか?

 

【アイキャッチ画像】

iproname / Shutterstock

【あわせて読みたい】