“黄金アイドル”薬丸裕英&石川秀美の娘・玲美の評判がヤバ過ぎる…

1980年代のアイドル黄金期を代表するカップル、薬丸裕英と石川秀美夫妻の長女でタレントの薬丸玲美が3月26日、自身のインスタグラムにマスク姿の写真を投稿した。

玲美は《最近よく見るマスクPITTS MASKもらったからつけてみた! 色がついてるマスクは少し抵抗があったけどファッションに合わせてつけられるからいいかも》(原文ママ)とコメント。最近流行している立体網目構造の花粉マスク『PITTA MASK』を紹介した。

この投稿にファンからは「着けた感触はどうですか?」「玲美ちゃんめちゃかわいい」「私も同じの買ったよー」など、好意的なコメントが寄せられたが、一方、匿名のネット掲示板には、

《確かにマスクしていた方がかわいいなw》
《ずっとマスクしとけよ》
《マスク美人w》

など、辛辣な声が上がっている。

「玲美は昨年4月10日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)〝世代対抗トークSP〟でテレビ初出演しましたが、 明石家さんまに対してタメ口でしゃべるなど、終始生意気な態度でトーク。視聴者からは『何でこんなに偉そうなの?』『さんまにタメ口で話を遮ったりしててドン引きした』などと散々な言われようでした。正直〝親の七光〟がなければ芸能界デビューはできなかったでしょうね」(芸能記者)

 

早くも坂口杏里の後釜の声も…

容姿が悪くても態度がデカくても芸能界では成功する可能性もあるが、玲美には全く光が見えないという。

「昨年5月21日に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演した際は、あまりにもおバカな回答を連発し、周囲をあぜんとさせました。さらにイメージ悪化を招いたのが、やはりその態度。別のチームが間違った回答をすると手をたたいて大笑いする姿を見せ、ネット上では『こいつ本当に性格悪いな』『これやっくん自身のイメージダウンにもつながるんじゃないか』など、酷評の嵐が吹き荒れました。せめてもう少し愛嬌があれば使い所もあるかもしれないんですがね…」(エンタメ誌記者)

業界での評価は、坂口良子の娘で風俗嬢に転身した〝坂口杏里の後釜〟という状態。ヌード写真集のオファーをした出版社もあるらしい。

「さすがに坂口のように風俗嬢に転身することは両親が許さないでしょうが、ヌード写真集はあり得るでしょうね。芸能界デビューしたとはいえ、現在は開店休業状態。推定Eカップのヌードを披露すれば、それなりに話題になるでしょう。また、坂口杏里のように整形で一発逆転を狙うのもありかもしれませんね」(同・記者)

ここから人気者になったらある意味快挙だが、果たして…。

 

【アイキャッチ画像】

Ollyy / Shutterstock

【あわせて読みたい】