『AKB48』柏木由紀の“鼻”に変化! 最新写真に衝撃の声が続出

柏木由紀

(C)まいじつ

3月25日、『AKB48』の柏木由紀がインスタグラムを更新。衣装に関してコメントしたのだが、ネット上では顔に注目する声ばかり上がっている。

この日、柏木は、

《AKBの好きな衣装ランキング
上位はこれです、わたし》

とつづり、黒地に白の水玉が入った衣装を着用した写真を投稿。マイクを両手で握った柏木が、カメラに向かって微笑むアイドルらしい1枚になっている。

インスタのコメント欄には「この衣装、大好きです!」「ゆきりんも衣装もかわいいよ!」「この衣装ゆきりんに似合う」「肩の透け感が絶妙だよね! かわいいし、キレイ」などと絶賛の声ばかりが寄せられている。

しかし、ネット掲示板には、

《あれ、顔変わった?》
《若いときより、何かきれいになってるじゃん! 鼻も目立たなくなってない?》
《修正なのか整形なのか顔が変わった》
《鼻少しいじったよね? それともアプリ?》
《にんにくじゃなくなったよね》

などと、チャームポイントの鼻が変わってしまったと指摘する声が続出した。

 

チャームポイント?コンプレックス?

「2012年に放送されたバラエティー番組『AKBINGO!』(日本テレビ系)で、〝柏木が今まで一番言われて嫌だった言葉とは?〟という問題が出題されました。これに他のメンバーが『鼻のこと』と答えたが不正解。柏木は『ただの悪口じゃん!』と抗議していました。結局、答えは『胴長』。渡辺麻友に『ゆきりんってダックスフンドみたいだね』と言われたことがあるようです」(アイドルライター)

17年3月には「鼻がとにかくコンプレックスで、いかに細く高く見せるかを常にミリ単位で研究しています」とインタビューで語っていた。

ファンからすると、柏木の鼻はチャームポイントで愛すべき点なのだが、本人は触れられたくもないコンプレックスに思っているのかもしれない。しかし、整形してコンプレックスを解消することに、批判する人は少ない。有村藍里が口元を整形して、励ましの声などが殺到したのは記憶に新しい。

もし整形していたとしても、隠すことでは全くないだろう。

 

【あわせて読みたい】