『ドランクドラゴン』塚地の厳しい現状…YouTube再生回数に悲壮感

『はねるのトびら』(フジテレビ系)などに出演し、全盛期はお笑い界でトップクラスの人気を誇っていた『ドランクドラゴン』。しかし、ボケの塚地武雅の現況が、かなり悲しいという。

人気絶頂のころは俳優としても引っ張りだこで、主演も張っていた塚地。だが現在は単発の仕事が多く、バラエティーでも地上波プライムタイムのレギュラーはゼロ。そんな中で始めたのが、ユーチューバーとしての活動だったのだが…。

「塚地は〝グラリオサ音子〟というキャラで、YouTubeに動画を投稿中。昨年11月23日公開の初投稿動画は再生回数14万回突破というそこそこの人気を誇っていましたが、最近の動画は1万を切ることもしばしば。チャンネル登録数も3.1万人程度と、全く盛り上がっていないのです。ちなみに、グラリオサ音子のツイッターフォロワー数は、わずか1500人弱です」(お笑いライター)

 

ロバート秋山との差がヤバい…

塚地と同じ系統のユーチューバーといえば、『ロバート』秋山竜次だろう。ともに『はねるのトびら』でブレークした〝憑依型〟のコント芸人だ。しかし、2人にはかなりの差がついていると言っていい。

「秋山のYouTubeチャンネル『クリエイターズ・ファイル』は、登録者数が43万人超。動画の5本に1本程度は、再生回数が100万回を超えるほど大人気です」(同・ライター)

この現状にネット上では、

《そこそこの実力者がこういうのやると逆にみすぼらしく見える》
《芸人がガチってこんなんなのか…》
《悲しいなぁ》

などといった声が上がるとともに、

《まさか鈴木拓に負ける時代が来るとは》
《結局、鈴木の方が売れてるという現実》
《相方は今や乃木坂やAKBの御用達みたいになってる上にガチでメンバーから慕われてて凄いからなw》

など、相方の鈴木拓にすら負けているという指摘も。

塚地は決して嫌われているわけではない。むしろ好感度が高い側の芸人だ。徐々に〝グラリオサ音子〟の知名度が上がり、成功することを願いたい。

 

【画像】

milatas / Shutterstock

【あわせて読みたい】