速水もこみち『ZIP!』不自然過ぎる“ラストキッチン”に疑問の声

速水もこみち 

(C)まいじつ

日本テレビの朝の情報番組『ZIP!』内で2011年4月から続いていた大人気料理コーナー「MOCO’Sキッチン」が、3月29日の放送回をもって終了した。ネット上では悲しみの声が続出するとともに、「あのウワサは本当だったの?」と衝撃を受ける声も上がっている。

最終回で速水もこみちが作ったのは、「10種のワンスプーン」。これまで作ってきた世界各国の料理を10種のワンスプーンで表現したものだ。

一見、最後にふさわしい料理に思えるが、視聴者からは「ラストはオリーブオイルをガッツリかけてほしかったな」「最終回はオリーブオイルを鬼のようにダバダバ投入するところを見たかった」など、消化不良感を示す声が続出している。

「『MOCO’Sキッチン』の人気に火がついたのは、もこみちがこれでもかというほどオリーブオイルを使用する様子が話題になったからです。しかし最後に使ったのはごく少量。しかもナレーションで省略され、わずか一瞬しかオイルを使う様子が映し出されなかったのです」(芸能記者)

 

オリーブオイルを一般家庭に浸透させた功労者なのに…

MOCO’Sキッチン放送後、『ZIP!』のスタジオでは出演者がコーナーを振り返っていたが、「最初の料理がワンスプーンだったのを思い出しました」「聞いたことない食材をいっぱい覚えました」などと話すだけ。もこみちがスタジオに登場することもなく、そのままあっさり終わっている。

この不自然なラストを巡り、ネット上では、

《もこみちZIPに冷遇されてたの? 長くやってきた割には普通に終わったし》
《オリーブオイル祭りとか、今までの料理を本人が振り返る総集編とか、企画やっても良かったんじゃないかな》
《最終回やのにもこみちの終わり方がかなりあっさりしててビビる》

などといった声も聞かれる。

「もこみちの最後の言葉も、『それでは素敵な週末をお過ごしください』と、通常と同じ感じでかなりあっさり。人気コーナーなのに突然打ち切りになったのは、何か契約の関係でモメ事があったからともウワサされていましたが、このぶつ切り感は確かにトラブルを感じさせますね」(芸能記者)

もこみちが日本テレビ以外で料理番組を始めたら、ウワサは真実となるが果たして…。

 

【あわせて読みたい】