加藤綾子ついに明石家さんまと決別?『ホンマでっか』“ヤラセ”暴露!

加藤綾子 

(C)まいじつ

元フジテレビのアナウンサーでタレントの加藤綾子が新報道番組『Live News it!』(フジテレビ系)のキャスターに就任し、囲み取材で「思わず本音がでちゃった?」とさまざまな憶測が広まっている。

フリー転身後、これまでは情報番組やバラエティー番組をメインに活動してきた加藤は、今回、本格的に報道キャスターに挑戦する心境について「どういう風に見ている方と時間を共有できるか、心地良さみたいなところを作り上げていくことが第一の私の仕事だと思っております」と意気込みを語った。

その一方で、バラエティーに対する姿勢を聞かれた際に、「(バラエティー番組は)みんなで作るというところがあるので、実は自分はそう思っていなくても『そうかもしれないですね』って流れで言うときがあります」「それはその場を作り上げるところで大切なことだと思うんですけど…」と濁しながらコメント。どうやら、番組の演出に沿って自分の意見を我慢することも少なくはなったようだ。

 

“作られたキャラ”からの脱却

「加藤を一躍人気アナウンサーへと押し上げた大きな要因は、明石家さんまのアシスタントを務めているバラエティー番組『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)であることは確かです。番組内では、天然小悪魔キャラとして振る舞い、お茶の間にもそのようなイメージが浸透していました。しかし今回の発言によって、それは押し付けられたキャラである可能性が浮上したのです」(女子アナウォッチャー)

加藤を天然小悪魔キャラと決めつけて番組を進行しているのは、主にさんまやマツコ・デラックスなのだが…。

「加藤は以前から、同番組から逃げたがっているとウワサされてきましたが、今回の暴露発言は、事実上の決別宣言かもしれませんね。『ホンマでっか』では、さんまをはじめとした〝おじさん〟たちにセクハラされることも多く、自身のイメージも安いものになるだけ。ならば、報道番組で知的な一面を見せ、ワンランク上の女性になりたいと思っても不思議ではありません。今後のキャリアも考えると、報道一本の方が確かに正しい選択でしょうね」(同・ウォッチャー)

これまで多少のことでも笑顔で逃げてきた〝アイドルアナ〟の加藤だが、これからは、やっと本当の〝女子アナウンサー〟としての本領を発揮するのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】