大不評!NHK『なつぞら』視聴者から“ダメだし”食らったのは…

内村光良 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

NHK朝の連続ドラマ小説『なつぞら』が、4月1日から新しくスタートした。同作は通算100作目の連続ドラマ小説で、ヒロイン・奥原なつ役を広瀬すずが演じている。

主人公・なつのモデルとなったのは、日本のアニメーションの草創期を支えた先駆者の1人で、実在のアニメーター・奥山玲子さん。番組開始しばらくは『北海道・十勝編』として、なつの幼少期が描かれるが、その後は『東京・新宿編』『アニメーション編』と舞台を変え、奥山さんの歩んだ生き様が再現されるという。

オープニングが全編アニメーションだったことも話題になっており、ネット上では「何だか昔懐かしいアニメを思い出した」「んん、まさかのアニメなのかとビックリした」「アニメとスピッツ、今期は心なごむ始まり方ですね」など、評判もよく、上々の滑り出しと言えよう。

しかし一方で、「これはちょっといただけない」とドラマの重要パートに対して違和感を訴える声も上がっている。

「内村光良のナレーションに〝ダメ出し〟する人が続出しています。内村にとっては初のナレーションということで、慣れない部分は大いにあるのでしょうが、視聴者にとって見れば〝語り〟も重要な部分ですからね。なぜ内村にしたんだ? という疑問もあるでしょう」(エンタメ誌記者)

 

前作が芦田プロなだけに…

前作『まんぷく』では女優の芦田愛菜がナレーションを担当。全編を通したナレーションは最年少ということで話題になったが、フタを開けてみれば中学生とは思えぬ堂々とした〝語りっぷり〟に絶賛の声が殺到した。芦田はNHKのインタビューで「雰囲気にあった声でナレーションするというのは、女優として『演じる』という部分に通じるところもあると思います」とコメントしたが、最後まで〝女優〟として演じきったのは見事だった。

「内村は現在、NHKでコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』にレギュラー出演中ですが、これがNHKに対する貢献度が高いと、上層部がかなり評価しているようです。今回のナレーション役もNHKから直々に内村にオファーがあったそうですが、コント内の『NHKなんで』の決めセリフがもたらしたナレーション役と言ってもいいでしょうね。内村自身も初のナレーションに戸惑いを見せていたようですが、もともと何でも起用にこなすことができるので、ドラマが進むに連れて徐々にうまくなっていくんじゃないでしょうか」(同・記者)

朝ドラの強みは、毎日繰り返されることで、当初感じたさまざまな違和感も、気がつけば慣れてしまうことだ。しばらくすると視聴者も自然と受け入れているに違いない、かも!?

 

【あわせて読みたい】