久本雅美の『テレビ録画リスト』公開で騒然「完全に放送事故」

久本雅美 

(C)まいじつ

3月29日放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)でタレント・久本雅美の自宅が公開され、視聴者がザワつく場面があった。

この日の番組は放送15周年を記念し、開始以来レギュラー出演してきた久本の自宅をテレビ初公開することに。司会進行を務める安住紳一郎アナウンサーが、200平米という久本の大豪邸を紹介していった。

60歳独身だけあってか、久本の懐にはかなりの余裕があるよう。賃貸マンションだが1フロアすべてが久本の部屋になっており、廊下の時点で高級な置物が多数そろえられている。そしていざリビングに突入すると、そこには広々としたキッチンの他、29帖の広さに見合った高級家具の数々が。テレビは巨大サイズのものが2台設置されており、ここで普段何を見ているのか録画リストを公開することになった。

 

熱心さが垣間見えた久本の録画リスト

帰宅後のドラマ視聴が好きだという久本の録画リストには、NHKの朝ドラから民放各局の連ドラ、スペシャルドラマまでがズラリ。他にもバラエティー番組がチラホラと顔を並べていたが、何とリストの中に『続・人間革命』『100分de名著 法華経』の2つの番組が含まれていたのだ。

「3月16日、CS放送の『日本映画専門チャンネル』は、『人間革命』シリーズ2作を一挙放送しています。久本の録画番組名にも〝一挙放送〟との表示があった上、リストには3月半ばに最終回を迎えたドラマが多かったので、おそらくこのときに録られたものでしょう」(テレビ誌編集)

この『人間革命』『続・人間革命』は、宗教法人『創価学会』の名誉会長である池田大作氏の著書で、このとき放送されたのは同作を映画化したもの。また、法華経は創価学会が説いている仏教の教えで、いずれも学会と結び付きが強い番組となっている。

そして、久本といえば言わずと知れた「創価」の信者で、芸能界の〝広告塔〟ともいわれる人物。そのため視聴者からは、

《人間革命の録画わろた》
《熱心な信者過ぎるwww》
《めっちゃ敬虔な教徒じゃん》
《これ一瞬とはいえ放送事故だろ…》
《法華経とかwww 宗教色まる出しwww》
《安住も気を使うロケだなw》
《HDDレコーダーの録画履歴を公開したのは完全に放送事故www》

などと驚きや笑いが上がり、ネット上は一時騒然とする事態になった。

とはいえ、この騒ぎは一部の視聴者がザワついただけのことで、久本自身は特に気にしてなどいないだろう。これからも堂々とガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】