木下優樹菜“娘の顔出し”卒業宣言も「隠す気ないだろ!」投稿連発

木下優樹菜

(C)まいじつ

タレントの木下優樹菜が、次女・茉叶菜(まかな)ちゃんの〝顔出し〟を卒業することをインスタグラムで報告。しかし、世間では「顔出し卒業宣言なんて意味ないのでは?」と不安視する声が続出した。

3月31日の投稿で、茉叶菜ちゃんの動画を載せながら《みんなありがとお by makana》《#顔出し最後》とつづった木下。ファンからは《たくさんの癒しと元気をありがとう》《これからの成長を心から応援しています!》《寂しいけど、また逢えるのを楽しみにしてるね》など、温かいいお別れコメントが多く寄せられた。

一方、匿名掲示板では「時すでに遅し」と指摘する声も。

《顔出しやめても名前が特徴的だからなぁ…》
《もう遅いよ。両親どっちにもソックリじゃん》
《成長した顔だいたい想像できるよ…》
《半年前に某テーマパークでこの家族に出くわしたけど、木下優樹菜の上の娘だ!って一瞬で分かった。顔を見て、『あの子だ!』ってなるのは怖いことだよ。やっぱりSNSに子どもの顔は載せるべきじゃないなと思った》

などといった意見がある。3歳を迎えた新年度で、茉叶菜ちゃんの〝顔出し〟を終了した木下。その意図は何なのだろうか。

 

徹底されない顔出し卒業

「子どもの顔をSNSに載せ続けると、犯罪に巻き込まれたり、写真を悪用されたりなどの危険があります。また、子ども本人が不特定多数に自分の素性が明らかになっていることに対して、嫌がりだすこともあるでしょう。さらに木下は以前の投稿で、『子役でもなんでもない彼女(長女)に無理やり笑顔を作らせるのもなんだかなぁ…』と、子どもに〝インスタ映え〟を強要することへの複雑な思いを吐露。そのため木下家では、子どもが3歳を迎えたら顔出しを終えるという方針を決めたようです」(芸能ライター)

しかし、既に〝顔出しNG〟の長女・莉々菜(りりな)ちゃんが、卒業後もしばしば木下のインスタグラムに登場。投稿される写真は、スタンプで目を隠したり横からのアングルのみにしたりなど、木下なりの対策が取られているが、その〝ビミョ~〟な隠し具合にネット上では《本当に隠したい気持ちあるの? だいぶ顔分かっちゃうけど…》《出さないなら出さない! ちゃんと徹底した方がいい》などとアドバイスの声が多く上がっている。

おバカキャラのイメージが強い木下だが、子どもに関しては賢明な判断を期待したい。

 

【あわせて読みたい】