四度目の離婚!モデルMALIA.に「もはやプロ離婚家」の秀逸意見!

(C)Luis Molinero / Shutterstock

モデルのMALIA.が4月1日、自身のブログを更新し、2017年11月に結婚した元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人と離婚したことを報告した。

MALIA.は自身のブログで、

《このたび、私MALIA.は三渡洲舞人さんと話し合いの結果、結婚生活を円満に解消することに致しました。私の最愛なる子供たちともしっかり話し合い、このような結論になりましたことを、ご報告いたします。これからの未来を、神さまから授かった4人の子供たちのことを最優先に、大切に守りながら生きていこうと思っています》

とコメントしたが、早くもネット上では〝呆れ声〟が殺到している。

《もはやプロの離婚家だな》
《ただの性欲おばけ》
《子どもがかわいそうでならない。ただのわがまま女》
《日本の少子化問題に真っ向から取り組んでいる立派な女性w》
《学習という言葉を知らないんだろうな》

など、散々な言われようだ。

「MALIA.も36歳といい大人の女性ですから、他人がとやかく言うことでもありませんが、それにしても、もう少し結婚というものをよく考えた方がいいんじゃないかと老婆心ながら心配になりますね。もともと大のスポーツマン好きで、結婚した4人の内、2回目に結婚した総合格闘家の山本”KID”徳郁以外は、全員プロサッカー選手。14年にはダルビッシュ有との熱愛疑惑も浮上しました。2人がホテルで1時間半過ごしたことが週刊誌で報じれ、本人は『本当に何もなかった』と弁明しましたが、当時、その言葉を信じている記者はほとんどいなかったですね」(スポーツ紙記者)

 

プロ離婚家>>>>プロスポーツ選手

前回の離婚時には、その約8カ月後に4回目の結婚を発表していることから、早くも次の結婚を予想(期待?)する声もある。

「長男が柏レイソルのU-18に所属していることから、プロになったら今度は息子のチームメイトに手を出すんじゃないかとまで言われていますね。本人は意外とサバサバした性格で、離婚の際に起こりがちな騒動はほとんどないようです。どちらかと言うと〝本能の赴くまま〟に行動してしまうタイプなんでしょう。次に気になる男性が現れたら、間違いなく自分から〝落とし〟にかかるでしょうね」(同・記者)

三番目の結婚相手、横浜F・マリノスの佐藤優平とは、イベント帰りにたまたまエレベーターで乗り合わせて逆ナンし、そのままお持ち帰りしたというのは有名な話だ。

結婚と離婚を繰り返していることで、特に女性からはイメージ最悪のMALIA.だが、本人は全く意に介する素振りすら見せていない。まあ、たとえ意に介したところで「ああそうですか」としか言いようがないのかもしれないが…。

 

【画像】

Luis Molinero / Shutterstock

【あわせて読みたい】