スベってる『CM』にツッコミ…「意味不明」「ニコ動かよ」「自分語りww」

(C)Khosro / Shutterstock

ワケの分からないCMが多いのはもう慣れているだろうが、〝スベっている〟ものはいつみてもキツい。見ていられないほどスベっていると話題のCMを紹介していこう。

代表的なのは、『家庭教師のトライ』。アニメ『アルプスの少女ハイジ』を少し編集し、アテレコする形のCMをこれまでにいくつも制作しているのだが、ネット上では「毎回スベってる」「そろそろウケてないことを自覚した方がいいよ」「第1弾でやめておけばよかった。最近は悪ノリが激しくてダメ」といった声が続出している。

「『家庭教師のトライ』は2012年から『ハイジ』とコラボしており、今後も継続していくと思われます。確かに一部では『腹筋崩壊した』『CMでこんなに笑うなんてwww』とウケていますが、このCMを好きな層が、家庭教師を雇いそうな層かと言われると、かなり微妙。マーケティングも間違えている気がしてなりません」(経済ライター)

長年スベり続けているCMといえば、ケータイ・スマホ各社のCMも負けていないが、これらは何だかんだ賞を獲得していて好感度が高く、ファンも多くいる。〝意味不明〟ではあるものの、ケータイ・スマホCMに出演することは芸能界で1つのステータスになっている状態だ。

「同じ〝意味不明〟でも、消費者金融系の『プロミス』や『アコム』のCMはノリだけで押し切る謎の構成。ひたすらにお茶の間を困惑させています。また、日清のカップ焼そば『U.F.O.』のCMも大不評。ニコニコ動画で一時期流行した、いわゆる〝MAD動画〟のような演出なのですが、ネットのノリを世間にさらすのはイタいと酷評されています」(同・ライター)

 

「今、シンガポールにいます」いや、連絡入れとけよ

別の意味でスベっているのは『大成建設 シンガポール篇』CMだ。このCMはアニメーションになっており、LINEのようなツールで、主人公の女性が「同級会始まってるよ! 今どこにるの?」と友人から問われるシーンから始まる。

女性は「こめん、同級会にはいけません」「今、シンガポールにいます」と返信したところで、「この国を南北に縦断する地下鉄を、私はつくっています」と自分語りをしていく。

意識の高い素晴らしい女性に見えるが、視聴者からは

《唐突な自分語りがウザい》
《「今、シンガポールにいます」はおかしいだろwww 初めから断っとけよ!》
《どういう設定? 同級会に誘われて約束してたのに、仕事してんのか?》
《ドタキャンした上に自分語りを始めるとか、こいつはヤベーぞ。とりあえず会費はちゃんと払えよ》

などとツッコミの声が上がっていた。

好かれるCMを制作するのは、想像以上に難しいのかもしれない。

 

【画像】

Khosro / Shutterstock

【あわせて読みたい】