「え、ノーパン!?」浜崎あゆみ“ライブ生中継”でヤバ過ぎる事故映像

浜崎あゆみ 

(C)まいじつ

4月6日、7日に開催された浜崎あゆみのライブ『ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-』の模様が、WOWOWで生中継された。この公演が「ツッコミどころあり過ぎ!」と話題になっている。

視聴者がザワついたのは7日に行われたライブ。この日は、予定開演時刻よりも約53分遅れでスタートし、ネット上では、

《いつまで大物気取ってんだか》
《おはまさん、時間ぐらいは守ろうや…》
《マジで人として最悪》

などと、登場する前からブーイングが続出した。しかもライブが始まる直前に、浜崎がインスタグラムを更新していたこともあり、《そんなヒマがあるならさっさと始めろ!》という怒りの声も。もちろん、公演が押したのは機材トラブルなどが原因の可能性もあり、浜崎のせいではないかもしれないが…。

 

衣装はノリノリだが体力は年相応

そしていよいよライブがスタートすると、何と浜崎は1曲目からかなり苦しそうに歌いだす始末。これには、

《いきなり満身創痍でワロタ》
《散々待たせたくせに… コンディション整えとけや》
《声、全然でてない。1曲目なのにwww》

などと、もはや笑い声が上がり出す。

その後浜崎は衣装チェンジを頻繁にして、ステージからはけては出ての繰り返し。視聴者からは《何回するんだよ》《衣装さんの無駄遣い》などとツッコまれていた。

「浜崎の衣装で特に話題になったのは、青いドレス。スカートの丈がかなり短く、角度によってはほぼ股間付近まであらわになっていました。しかもそのとき、インナーのようなものは見えず、肌色の股間付近が映し出されることに。これには『え、ノーパン!?』『まさかノーパンストッキング?www』『何か見えてる!』と騒然となっていました」(芸能記者)

なお、声が出ていないことについては、2days公演の初日である6日は、あまり指摘されていなかった。昨年40歳となった浜崎にとって、2日連続は体力的にキツかったのかもしれない。

ライブの中継だけでこんなにも沸かせる浜崎は、やはりスター。今度は地上波でもぜひ放送してほしい。

 

【あわせて読みたい】