遠近感覚がマヒ!?「並んじゃいけない」ふたり・奇跡の2ショット集

よく「小顔だね!」と評される芸能人たち。一方で、「顔が大きい」とイジられる人たちも…。そんな2人が並んで写真を撮ると、〝遠近感覚がおかしくなる〟不思議な写真が撮れるという。

3月31日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で共演した、お笑いタレントのキンタロー。と、韓国人歌手・BoAの2ショットが大きな話題になった。番組中にも2人が並ぶと、共演者から顔の大きさの違いを指摘する声が上がっていたが、インスタ投稿でさらに過熱することに。

キンタロー。はもともと〝顔が大きい〟でおなじみだったが、小顔のBoAと並ぶことで、さらに際立つことに…。以前にも橋本環奈や百田夏菜子などと並んだことがあったが、このときも《自分の目がおかしくなったみたいだ》《時空が歪んでいる》などと話題になっていた。

 

奇跡のアンバランス!

薬丸裕英・石川秀美夫妻の長女・薬丸玲美もかなり小顔らしい。昭和の大アイドルを両親に持つ玲美が、4月4日に横澤夏子との2ショットをインスタグラムに投稿。玲美の顔の大きさは、横澤の半分ほどしかないように見え、ファンからは《顔のサイズが。。。笑》《本当にDNAってすごいっ!!》と感嘆の声が上がっていた。横澤もよく〝顔が大きい〟とイジられるだけに、2人の対比の写真は、ある意味〝奇跡の1枚〟になっている。

不思議な写真が撮れるのは、女性同士だけではない。2016年5月に、俳優の三浦翔平がゴルフトーナメントに出演した際の写真を上げ、大きな話題になった。一緒に写っていたのは、お笑いの『インパルス』堤下敦だ。

一見すると、三浦が堤下よりもかなり後ろに立っているように見えるが、2人の位置はほとんど同じ。やはり、顔の大きさがあまりにも違うため、困惑するような1枚が撮れている。この写真にファンからは、

《何回見てもウケるw顔のデカさww》
《堤下さん、少し下がって撮った方が良かったかも知れないですね》
《堤下、前に出過ぎだろ! と思ったら同じ位置だったwww》

などと声が上がっていた。

芸能人と写真を撮ってもらうときは十分に注意すべしという教訓にしよう。

 

【あわせて読みたい】